サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ぼぶさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

ぼぶさんのレビュー一覧

投稿者:ぼぶ

44 件中 1 件~ 15 件を表示

何があっても、ちゃんと前に進める。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

みんなが少しずつ前に進んでいる様子に、心があたたまった。
特にちほちゃんから送られてきた梅シロップを見たとき、自分の友達や親しい子のことのようにうれしくなった。
もちろん零ちゃんとひなちゃんにもだけど、おねいちゃんには絶対に幸せになってほしい!いや、なってくれなきゃ困る!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本キネマの神様

2016/12/14 19:52

”好き”にまっすぐな人生は、ステキだ。

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最高で、幸せな気持ちになって、読み終えたあと興奮して眠れなかった。
ゴウちゃんとローズ・バットの応酬が、言葉のひとつひとつに映画とお互いへの愛が溢れていて、本当に素敵だった。大好きなものを通したら、たとえ会わなくても、歳も一緒に過ごした年月も関係なく、友達になれちゃうんだな。
私は映画に関して全く詳しくないけれど、映画や、その登場人物たちの人生、作り手たちの人生って素晴らしいな、と心から思った。映画好きならより楽しめるはず。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

夢がつまった一冊

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

憧れのオトナな靴がいっぱいで、自然と目がハートに。
なかなかあんな高いヒールの靴を履くことはないけれど、やっぱりハイヒールには夢がつまってるなぁと改めて思いました。いい靴を履いて、おしゃれしておでかけしたくなる。
JUJUさんみたいにハイヒールの似合う大人の女になりたい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本本屋さんのダイアナ

2017/04/08 15:30

最後に道を拓けるのは、自分だけ。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ダイアナと彩子はもちろん、登場人物みんなの生き方が気持ちよくて、完璧じゃなかったりつまづいたりしてもどうにか歩いていけるんだよな、と勇気がもらえた。
「本屋さんは再会と出発に世界中で一番ふさわしい場所」という表現がすごくステキで、自分にとって大切な本を読み返すたびにきっと何度も思いだすだろう、お気に入りの言葉になった。
「自分で自分の呪いを解く」…私にもできるかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本世界創造株式会社 1

2017/02/25 17:30

気付けば誰かとつながっている。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

どんなに生きづらくても、生きていく道がないわけじゃない。それに、ずーっと一人きりなんてことはありえなくて、いつかどこかで必ず誰かに出会ってしまうもの。そんな希望を感じさせてくれた。
「始める」とか「変わる」とか「手放す」って、意外とちょっとしたきっかけでできちゃうことなのかも、と思った。
仮想通貨などの用語が少し難しい部分もあったけれど、最後まで楽しんで読めた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最高のエンドロール

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

終わってしまうのはさみしいけれど、大団円、とても良いラストだった。双子のバースデーパーティーのシーンは、みんなの楽しそうな声と笑顔、お祭り騒ぎの星座館を様子が鮮明に浮かんできて、なんだか泣きそうになってしまった。
いろんな人のつながりがわかった上で、もう一度シリーズの最初から読みたくなった。
途中ずっとハラハラしたけれど、ちゃんと笑える終わり方でよかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

今まで知らなかったアイドル像。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

子どもの頃以来、ものすごく久しぶりに好きになった女性アイドル・でんぱ組.inc。この本を読んで、彼女たちは、夢眠ねむは、好きになるべくしてなった人たちだったんだな、と再確認した。
考え方の広さ・深さがすごくて、アイドルとしてはもちろん、夢眠ねむがどんな人なのか知りたいという意味で、頭の中をもっと覗いてみたくなる。
いろんなことを深く考えてみるきっかけを作ってくれた、まさに”教科書”。
アイドルを敬遠しがちだった人にも読んでみてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本スロウハイツの神様 下

2016/12/16 21:05

どんな過去も、自分に不可欠なもの。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

なんて優しい物語なんだろう。特に、「二十代の千代田光輝は死にたかった」から最後まではもう…。
幸せだとか、もどかしいとか、いろんな思いがごちゃまぜになった。
積み重ねた過去が、自分を、そして自分の作品を作るのだと感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本スロウハイツの神様 上

2016/12/16 21:01

共同生活は、楽しくて優しくて苦しい。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

どんなふうに着地するのか、続きがとても気になって下巻まで一気読み。
上巻は、何かを生み出すことのシビアな部分をずっと突き付けられているような一冊だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ノワール・レヴナント

2016/12/16 20:58

彼らが集められた意味は。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

けっこうな厚さで2段組みなのに、あっという間に読み終わっていた。
4人が特殊能力を持った意味、少しずつつながっていく事実が気になって、一気に読んでしまった。
4人、特にのんちゃんと静葉とは、気付けば一緒に一喜一憂していた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本93番目のキミ

2016/12/16 20:55

人以上に、人を想うロボットの心。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

涙、涙でした。最初はナリタのチャラさに腹が立ったけれど、シロとの掛け合いが楽しくて、トモキが加わってもっと楽しくなったところで…。
シロの優しさに心が洗われたというか、自分を見つめ直したくなったというか。
改めて、人を想う気持ちを持ちたいと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本トリガール!

2016/12/16 20:52

全力だから、本気で笑って泣ける。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いやー、笑った!笑ったし、泣けた。それは、出てくるみんなが全力だから。本当に全力な人たちだから本気で心に響いてくるし、全力だから「バカじゃねぇの」って笑える。
最後のフライトのシーンはもう…今それ言うかっていう…震えました。
私も燃えるよ、負けないよって言いたくなる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

底知れないから、もっと知りたくなる人。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

真面目でまっすぐで論理的で…だけどそのうしろにもっと何かある人、そしてこのインタビューじゃたぶんまだまだ全然出てない部分がたくさん、そんな印象。
写真はどれも楽しくて、美術館で絵を見ているような気分にもなる。女装は可愛すぎるくらい可愛いし、テーマによって全く顔が違うのがすごい。
背中フェチな私は、裏表紙の写真ですでにやられていました…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あの日起こった本当のこととは…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

読む前はすごいボリュームに少し尻込みしてしまったけれど、そんな長さを感じさせないくらいおもしろくてすぐ読めてしまった。
事件の真相と柏木卓也の顔が少しずつ見えていくごとに、謎が解けていくすっきり感とともに、何ともいえず切ない気持ちになった。神原くんと浅井さんのことを思うと、本当に胸が苦しくなる。三宅樹理の痛々しさも、別の意味で苦しいし…。
裁判が進んでいくのを追うのもおもしろかったけれど、ひとりひとりのエピソードで登場人物たちの顔が見えていくのがおもしろくて、どんどん読み進めていた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本あまからカルテット

2016/12/14 20:08

持つべきものは女友達。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

女子校育ちの4人組、それぞれが違う分野で活躍しながらもずっと仲良くいるのがステキだった。タイプがバラバラだからうまくいくのかも。
私も自分の友人たちと、ずっと先もこんなふうに楽しい仲間でいられたらいいな、と思った。恋をしたり、うまくいかないことがあったり、誰にどんなことがあっても時にはおせっかいなくらい支え合っていけるように、まずは自分がしっかり立てるようにならなきゃね。
てんやわんやの最終話がすごくおもしろかった!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

44 件中 1 件~ 15 件を表示