サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ぼぶさんのレビュー一覧

ぼぶさんのレビュー一覧

投稿者:ぼぶ

31 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本スロウハイツの神様 下

2016/12/16 21:05

どんな過去も、自分に不可欠なもの。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

なんて優しい物語なんだろう。特に、「二十代の千代田光輝は死にたかった」から最後まではもう…。
幸せだとか、もどかしいとか、いろんな思いがごちゃまぜになった。
積み重ねた過去が、自分を、そして自分の作品を作るのだと感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本スロウハイツの神様 上

2016/12/16 21:01

共同生活は、楽しくて優しくて苦しい。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

どんなふうに着地するのか、続きがとても気になって下巻まで一気読み。
上巻は、何かを生み出すことのシビアな部分をずっと突き付けられているような一冊だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ノワール・レヴナント

2016/12/16 20:58

彼らが集められた意味は。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

けっこうな厚さで2段組みなのに、あっという間に読み終わっていた。
4人が特殊能力を持った意味、少しずつつながっていく事実が気になって、一気に読んでしまった。
4人、特にのんちゃんと静葉とは、気付けば一緒に一喜一憂していた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本93番目のキミ

2016/12/16 20:55

人以上に、人を想うロボットの心。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

涙、涙でした。最初はナリタのチャラさに腹が立ったけれど、シロとの掛け合いが楽しくて、トモキが加わってもっと楽しくなったところで…。
シロの優しさに心が洗われたというか、自分を見つめ直したくなったというか。
改めて、人を想う気持ちを持ちたいと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本トリガール!

2016/12/16 20:52

全力だから、本気で笑って泣ける。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いやー、笑った!笑ったし、泣けた。それは、出てくるみんなが全力だから。本当に全力な人たちだから本気で心に響いてくるし、全力だから「バカじゃねぇの」って笑える。
最後のフライトのシーンはもう…今それ言うかっていう…震えました。
私も燃えるよ、負けないよって言いたくなる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

底知れないから、もっと知りたくなる人。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

真面目でまっすぐで論理的で…だけどそのうしろにもっと何かある人、そしてこのインタビューじゃたぶんまだまだ全然出てない部分がたくさん、そんな印象。
写真はどれも楽しくて、美術館で絵を見ているような気分にもなる。女装は可愛すぎるくらい可愛いし、テーマによって全く顔が違うのがすごい。
背中フェチな私は、裏表紙の写真ですでにやられていました…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あの日起こった本当のこととは…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

読む前はすごいボリュームに少し尻込みしてしまったけれど、そんな長さを感じさせないくらいおもしろくてすぐ読めてしまった。
事件の真相と柏木卓也の顔が少しずつ見えていくごとに、謎が解けていくすっきり感とともに、何ともいえず切ない気持ちになった。神原くんと浅井さんのことを思うと、本当に胸が苦しくなる。三宅樹理の痛々しさも、別の意味で苦しいし…。
裁判が進んでいくのを追うのもおもしろかったけれど、ひとりひとりのエピソードで登場人物たちの顔が見えていくのがおもしろくて、どんどん読み進めていた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本あまからカルテット

2016/12/14 20:08

持つべきものは女友達。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

女子校育ちの4人組、それぞれが違う分野で活躍しながらもずっと仲良くいるのがステキだった。タイプがバラバラだからうまくいくのかも。
私も自分の友人たちと、ずっと先もこんなふうに楽しい仲間でいられたらいいな、と思った。恋をしたり、うまくいかないことがあったり、誰にどんなことがあっても時にはおせっかいなくらい支え合っていけるように、まずは自分がしっかり立てるようにならなきゃね。
てんやわんやの最終話がすごくおもしろかった!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本おにぎり通信 ダメママ日記 1

2016/12/14 20:03

子どもはいつもななめ上を行く。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

おかしくておかしくて、読みながらぷるぷる震えてしまった。
子どもは予想のななめ上を行くことばっかりするからおもしろいし、だからこそ親だったら良い意味でも不安という意味でも目が離せないんだろうな。常に心配で、ずっと休めない気持ちが少しわかった気がした。
POMさんの主夫っぷりもすばらしいし、じいちゃんばあちゃんたちもキャラ濃い目でおもしろいし、あんな結婚生活してみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ホリデー・イン

2016/12/14 19:58

みんな何かを抱えて生きている。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ジャスミンみたいな大人がそばにいたら。ナナや雪夜や進と友達だったら。そんなことを思いながら読んだ。
当たり前だけど、何も抱えてない人なんていなくて。そのことにいつも思いを巡らせられる人でいたいと思った。支えたいし、支えられたい。いっぱい甘えたいし、甘えられたい。そのためには、まず自分がきちんと立たないと。
優しくて、ずしっと心に刺さる言葉がたくさんあった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本キネマの神様

2016/12/14 19:52

”好き”にまっすぐな人生は、ステキだ。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最高で、幸せな気持ちになって、読み終えたあと興奮して眠れなかった。
ゴウちゃんとローズ・バットの応酬が、言葉のひとつひとつに映画とお互いへの愛が溢れていて、本当に素敵だった。大好きなものを通したら、たとえ会わなくても、歳も一緒に過ごした年月も関係なく、友達になれちゃうんだな。
私は映画に関して全く詳しくないけれど、映画や、その登場人物たちの人生、作り手たちの人生って素晴らしいな、と心から思った。映画好きならより楽しめるはず。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本小森谷くんが決めたこと

2016/12/14 19:47

まぶしい人生の物語。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

これを”普通の”男子のお話というのなら、私は普通が欲しかったな。普通に恋してフラれて、普通にバカなことして怒られて、そんな10代が欲しかった。小森谷くんたちがまぶしくて仕方なかった。その一方で、まっすぐ、がむしゃらにいれば、行きたい場所にたどりつけるのかな、と勇気づけられたり。
それにしても、自分の人生を小説にしてもらえるなんて、超贅沢。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本シンデレラ・ティース

2016/12/14 19:42

明日からは怖くない…はず。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私は昔から、歯医者が怖い。だけどこの本を読んで、怖がってもいいんだっていうこと、そしてちゃんと不安を取り除こうとしてくれる先生たちがいるということを知って、少し安心した。歯科恐怖症なんて病気があることにもびっくり。
読み終えたところでやっぱり歯医者は怖いんだけど、ちょっとだけ気持ちがやわらいだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ネイキッド

2016/12/10 20:29

最強の一冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

何度も何度も読み返している、私の最強の一冊。
今日子と専の会話のかけ合いがとにかく楽しくて、読んでいると声が聞こえてくる。
出会って、恋をして、すれ違いがあって、結ばれて…だけじゃない、2人がぶつかりあって裸の心をさらして距離を縮めていくのがすごくいい。
好きすぎて言葉が見つからないのですが…とにかく1人でも多くの人に読んでほしい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

星座のようにつながる人たち

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

たまたま手に取って、読んでよかったと心から思った本。
出てくる人たちは何かとワケありだけど、どんなワケがあっても、生きていればステキな出会いや居場所に巡り合えるんだ、と思わせてくれた。あんなお店があったら通っちゃうな。
和真の軽妙すぎる星座の解説もおもしろくて、星座にも興味がわいてきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

31 件中 1 件~ 15 件を表示