サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. PIMさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

PIMさんのレビュー一覧

投稿者:PIM

3 件中 1 件~ 3 件を表示

女性のためのアンチエイジング・バイブル

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本の主眼は、年齢とともに衰える細胞力とホルモン力を無理のない方法でアップさせることで、体の内側から若返ろうというもの。
ですから著者は、表面を取り繕うだけの美容整形手術や、合成のサプリメントやビタミン剤を使ったアンチエイジングには否定的。
あくまでも、食べ物や精油といった天然の薬(食べ物や精油など)を利用すべきだと説きます。
特に、美容整形手術がいかに不自然な美を作るかという点に関する著者の主張は説得力があり、私はこの本を読んで改めて、メスを使ったアンチエイジングには手を出すまいと心に決めました。
合成のサプリメントやビタミン剤に潜む危険性にも納得しました。

この本では、肌、骨、髪、更年期などの分野別に、アンチエイジングのメカニズムと、そのメカニズムに働きかける方法がコンパクトにまとめられています。
紹介されているエイジングケアの方法は、精油をブレンドしたオイルを肌に塗るというような少し手間のかかるものから、単に何かを食べたり飲んだりするというごく簡単なものまで様々。
ナチュラルケアを気軽に試してみたいという人にも、本格的にアンチエイジングに取り組みたいという人にも対応しています。

ケアの方法は分野別だけでなく、年代別やトラブル別、目的別(同窓会、旅行など)にもまとめられています。
そのため、辞典のようにも使うことができて便利です。
個々のスーパーフードや健康法に関する本はたくさんありますが、女性のアンチエイジングに関しては、この1冊を手元に置いておけばたいていの問題には対処できるのではないでしょうか。
最新の研究結果をもとに書かれているので、現時点でのアンチエイジング研究の概要を知るための入門書にも最適と思われます。

一家に1冊置いておきたい、女性のためのアンチエイジング・バイブルです。

《目次》
第1部 「細胞力」を上げて若返る
サーチュインの威力で若さをキープする
細胞と酸化の関係
古い細胞をそうじして、肌を美しくする
日光を味方にしよう
自分でできる「再生」ケア
骨を強くする
脂肪を筋肉に変える
記憶に残る髪を育てる

第2部 「ホルモン力」を上げて若返る
ホルモン力でふっくらした顔を取り戻す
更年期を逆転させる秘訣
女性らしい魅力をアップさせる

第3部 ロキシープログラム
ロキシー流、究極のアンチエイジングプログラム
時間がないときの即効型ミニプログラム
年代別ロキシープログラム
10大トラブルを解決する
自分だけのアンチエイジングプランをつくろう

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

確かに思い当たる節はあるかも

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ここ数年、いくら眠っても疲れが取れず、運動不足が原因かと思ってエクササイズに励んでみてもあまり効果が感じられない……。
もしかして、やっぱり、年齢(30代後半、もうすぐ40代)のせい?

と思っていた矢先、この本に出会いました。
確かに、「チョコとコーヒーが好き」、「便秘がち」など、本書で挙げられている副腎疲労の症状には、かなり思い当たる節があります。

読了後さっそく、著者も使っているというエプソムソルトを注文し、食生活を見直すなど、体質改善に努めています。
まだ目に見える効果は出ていませんが、ぐったりとした疲れの原因を探り、生活習慣を見直すための手がかりになる本だと思います。
そして、ホルモンのバランスを整えることの大切さも改めて感じました。

ときどき専門用語も登場しますが、難解ではなく、短時間でスラスラ読める分かりやすい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

賞味期限はあるかも

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

約2年前、株式投資を始める前に購入して読み、その後、この本に書かれている手法を実践してみました。
実践したのはイベント投資の中でも、人気のある優待株でキャピタルゲインを狙うという手法です。

結果、2年間で1.5倍ほどに株式資産は増えましたが、増えた資産の大半は、最初の1年で得た利益が占めています。
2年目は、この手法が広く知れ渡ってしまったせいか、または、この手法を使うような投資家=個人投資家じたいの絶対数が増えたせいか、あまり利益は伸びませんでした。
(2年目に市場全体が低迷したという要因もあるかとは思いますが)

そのため、本書で紹介されている個々の具体的な手法は、現時点ですでに賞味期限切れ間近なのかもしれません。
しかし、企業の財務状況や経営成績に関係なく、イベントが原因で株価が変動するという事象自体は今後も形を変えて存在すると思われるため、株式投資初心者がイベント投資という概念を知るには良い本かと思われます。

難しい専門用語や数式などは登場せず、株初心者でも分かりやすい内容でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示