サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ろんろんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

ろんろんさんのレビュー一覧

投稿者:ろんろん

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本空が分裂する

2016/12/31 18:25

今の若者の時代をうつす詩

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この詩人はパソコンで詩を書く世代のようで、登場したころの詩には断片的な言葉と言葉と、改行記号的作為的改行が多く見られたけれども、この詩集では、むしろネバネバした日本語の特質を活かした一続きの文章で成り立っており、散文詩ながらも独特の韻律感が保たれていて面白い詩集です。現代の若者の複雑な心情をそのまま文章化したらこうなるのかなあという感じ。絵もついているのでお得感まんさいです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本クリスチナ・ロセッティ詩抄

2016/12/31 18:36

詩だけど童謡、童謡だけど詩

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

詩だけど童謡、童謡だけど詩……といった感じ。「SING-SONG」といった童謡集を出している彼女です。童謡に詩としての読み応えを吹き込んだ作品を作った人としても知られています。白秋の短歌に出て来る「ロセチ」ですね。訳は古風な感じでまたよいです。リズムがよいので口ずさみたくなる詩がいっぱいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示