サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. kyonさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年4月)

kyonさんのレビュー一覧

投稿者:kyon

8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本ま、いっか。

2017/01/17 20:41

ま、いっか。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

浅田次郎氏のエッセイ風は実に荒唐無稽で面白い!
ニヤニヤしながら噴き出しながら軽~い気分で読めるのがいい。
痛快である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本レヴェナント 蘇えりし者

2017/01/17 20:36

レヴェナント甦えりし者

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

映画にもなったから、映像で見た方が楽だし面白いのかもしれないが、映画館に行く時間の無い自分には物語を想像しながら読むことがより楽しい気がしている。
信じられないような生きざまである。
アメリカのフロンティア精神の一端にこういう波乱万丈な人生を送った男もいたのだねぇ。
一気に読めてしまった。
多分、映像で見るより面白かったのではないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ハリーオーガスト15回目の人生

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

不思議な不思議な物語である。
ひたすら同じ人生の始まりを繰り返す、必ず死ぬ、が、また生き直せる・・・15回もである・・・イライラしながらハリーの人生を追いながら、次第にその全容が分かって来る。分かって来た時にハリーが取る手段・・・こんなこと・・・出来る訳はないはずなのに、どこかでハリーが生きているような気もするのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本九十歳。何がめでたい

2017/01/17 20:26

九十歳。何がめでたい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

闊達でサッパリ気性の佐藤愛子女史も90歳と聞いて、まず驚く。
その生活を赤裸々に、客観的にスパッと切っている。小気味いいくらいに。
年を重ね自分が自分を保とうとすることの大変さは介護をしている私にも理解が出来る。しかし、あくまでもあっぱれと言いたいほどに気分がスカッとしたのでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本櫛挽道守

2017/01/17 20:21

櫛挽道守

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

優れた職人である父親を尊敬し、因習に縛られた娘が父と同じ道を歩こうとしている。
娘には妹がいる・・・その妹との確執、職人世界の古い因習に揉まれながら己の道を貫こうとしている一人の女性の話である。
今の女性の活躍云々という時代ともリンクする気がする。
男社会の中でいっぱしの職人として極めようとする姿は痛々しい位にひたむきで愛しい。
そこへ天才肌の夫となる男が現れる・・・物語は人間模様も丁寧に描かれている。
感動する一冊となった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本阿蘭陀西鶴

2017/01/17 20:15

阿蘭陀西鶴

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

西鶴の日常生活が目の見えない娘の視点で描かれている。目は見えなくても父親の西鶴をずっと反発しながら見つめている。やがてその娘が心を開き父の思いに添っていく・・・その様が何だか微笑ましくなる。愛しい娘や養子に出した息子、意外に貧乏生活だった西鶴・・・
イメージとはだいぶ違ったが、親子の情の通い合いが愛しく感じられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ダーウィンの警告 下

2017/01/15 08:15

ダーウィンの警告

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

サスペンスやSFという枠に括っていいものか悩む。近未来の地球に起こりうるリアル感をゾ~っとしながら追いかけた。止められないのである。
今の地球上で起こっている科学の進歩がどれだけの恩恵を人に与えているのだろうか?そういう疑問も感じながら、ストーリーは走り出すと止まらない。展開の速さに恐れ入る。読み終わるとドドっと言葉にならない恐怖感も畏怖感も残る。
で、ちゃんと足を地につけて生きなくては・・・という真摯な思いももたげる・・・
ぶれない生き方をしたいものだ・・・と。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本桜子は帰ってきたか

2017/01/15 08:07

桜子は帰ってきたか

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

戦後の満州からの引き上げ者の多くの本の中でも、これほど苛酷にリアルに表現されたのは初めて出会った本であった。それも、戦争に巻き込まれた醜い人間の争いというよりは、己の精神を貫く人間の話しである。
今の時代は心の無い時代と言われて久しいが、人が人たる所以はまさしくこのクレという主人公の生き方に答えがある気がする。
全体の空気感は戦後の満州脱出で暗いし、人はこんなに卑しくなれるかと哀しくもなるが、暗さで総括されていない。
何故か読後感は清々しい感動であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

8 件中 1 件~ 8 件を表示