サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ぞしまさんのレビュー一覧

ぞしまさんのレビュー一覧

投稿者:ぞしま

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本プラネテス 1

2017/06/13 12:48

最高

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

Please save yuri

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本移民たち 四つの長い物語

2017/01/15 14:50

初ゼーバルト

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

他者の記憶とは本来私たちから隔絶している。であるにも関わらず、そこに憑依しようとする意思は、私たちに確かに内在しているように思われる。
言葉をよすがに他者の記憶をたどる行為は、近くても遠くても関係性の中にあまねく遍在しており、それは時制や空間の軛を超え、生々しく漂流する私たちの感情と出会う、時には運命的とも言えるシンクロナイズを伴って。そのことを本書を読んで実感した。
私の記憶と他者の記憶は溶け合い、境界は曖昧になる。それは文学が射程し得る恍惚の瞬間だと思う。
本書を読んで、須賀敦子の著作を想起した。中でもアーデルヴァルト大叔父の記述は、鬼藤の叔父(『ヴェネツィアの宿』)と共に、優れた叔父文学として記憶したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示