サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. びぃどろさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

びぃどろさんのレビュー一覧

投稿者:びぃどろ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本ふしぎな木の実の料理法

2017/01/17 02:41

20年以上持ち続けてる本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

初めて読んだのは小学生4〜5年生の時に夏休みの課題図書コーナーにあったから。

夏休みの宿題の一環と表紙の可愛さに惹かれて買ったけど、あまりの面白さに当時出ていた3巻まで母にねだって夏休みの間に全部買ってもらった記憶があります。

今のところシリーズ12〜3巻はでてるとおもうのですがこちらの第1巻は本当に面白い。

人付き合いが苦手な主人公スキッパーが一緒にくらしてる旅好きバーバさんから送られてる手紙と一緒に不思議な木の実の料理法をこそあどの森に住んでる仲間たちに最初はイヤイヤながら聞きに行く話です。


主人公のスキッパーも、こそあどの森の仲間たちも、各巻にでてくるこそあどの森以外のキャラクターもみんな個性の違う素敵な性格の人たちでとっても魅力的。
こそあどの森にすんでいる住人以外がたまに別の巻で再登場したりとシリーズならではの嬉しいサプライズもあったりで本当にあきません。

こそあどの森の住人なのに全巻通して旅にでてしまっているバーバさんのは唯一絵付きで登場したことがないのもこの物語の魅力のひとつになっているとおもいます。
みんながそれぞれに自分の中のバーバさんを想像して読んでそう。
わたしの中のバーバさんは登場ツタヤで借りて印象に残ってた天使にラブソングをでサングラスつけてるファンキーなウーピーゴールドバークさんが今だにバーバさんになってます。

1〜3巻は20年以上持ち続けていて本当に大好きで、20回以上読んでるからか表紙がボロボロになってしまったけれど、繰り返して読み返したのがわかる素敵な本になっていると自分では思います。

子供はモチロン、大人になった今も新刊がでれば必ず買ってしまう児童書の枠を超えた素敵な物語なので小学生から大人まで読んで欲しい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示