サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. midnight-sunさんのレビュー一覧

midnight-sunさんのレビュー一覧

投稿者:midnight-sun

2 件中 1 件~ 2 件を表示

電子書籍大人のための読書の全技術

2017/11/12 15:35

仕事に役立ちます

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

数多くある他の著書同様に、読書の必要を訴えるものでありますが、社会人にとって必要な「力」について簡潔にまとめられており、仕事に役立つこと間違いないです。学生の皆さんにとっては社会に出る前の準備をするうえできっと役立つことでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍時間の習俗

2017/01/31 22:47

ついつい「点と線」と比べてしまいますが

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2007年のビートたけし主演のドラマ「点と線」は、鳥飼刑事と警視庁の三原刑事は事件の後二度と再開することなく、老年となった三原刑事に、同じく年を重ねた鳥飼の娘が東京へ会いに来て、事件を回想するという設定から始まる。しかし、これはドラマのオリジナルの設定であって、鳥飼・三原のコンビが活躍する作品としては後に書かれたのがこの「時間の習俗」がある。当時の社会派推理小説としては、題材としている社会的背景という点で「点と線」が秀逸なのだろうが、事件解決に至る過程はこちらの「時間の習俗」の方が密度が濃いのではないだろうか、そういう見方もあって良いと思います。それと、もう少し文章が丁寧に書かれていたら、「点と線」のような鳥飼・三原両刑事の互いの信頼に思いを馳せて読むことができたかもしれないが、さすがに多作な時期ということもあるのか、話の展開を追うだけという雰囲気が感じられて、その点も若干残念です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示