サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. たぬきさんのレビュー一覧

たぬきさんのレビュー一覧

投稿者:たぬき

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本縄文人の世界観

2017/02/01 18:17

野心的な取り組みに、拍手。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「縄文人ってどんな人たち?」

これまでの考古学では、「お爺ちゃんがいて、お婆ちゃんがいて、子供がいて孫がいて、一家団欒がそこにはあった」と説明される。

「それって本当?」

人類学研究の成果によると、DNA的な繋がりがない他人同士の骨がひとつの場所から出てくることもあるようだ。ということになると、イエ制度に縛られた我々現代人の想像を超えた縄文人の暮らしの有りようがあったのでは、と思えてくる。「三丁目の夕日」のような「家」や「家族」は、現代人の願望に過ぎないのかもしれない。

著者は、これまでの考古学の解釈が、「現代人のものの考え方でしかない」と警鐘を鳴らす。たしかに、土器に付けられた縄目模様は、極めて現代的に「滑り止め」や「熱伝導を良くする」などと説明されてきた。しかし、そうじゃない意味があったのでは、と著者は言う。

かつて考古学者の小林達雄は、「土器は縄文人の世界観を描いたキャンバスだ」と説明したが、そうであれば、そろそろ、その世界観の中身が知りたいところだ。

戦後、我々国民の税金を使って多くの発掘が行なわれ、大量の考古遺物が出土しているわけだが、考古学者は、ただ掘って並べるばかりではなく、そろそろ先史時代人の「心」を明らかにする時が来ているのではないか。そこが明らかにされず、普遍的価値の説明もできていないから「縄文世界遺産」もいつまで経っても足踏み状態なのでは、とさえ思う。

縄文時代、科学や経済といった合理性が導入される以前の、素のままの人間のものの考え方とは、一体どんなものだったのか。世界中が農耕文化に移行する中、日本列島の縄文時代における狩猟採集文化のそれは、間違いなく人類共通の宝となるであろう。そして、こういった縄文人の世界観を明らかにするのは、これまで発掘を一手に担ってきた考古学という学問の責任でもある。

著者は土器や土偶、祭祀具などを一つ一つ取り上げ、シンボリズムとレトリックから、その構造に迫る。縄文人の世界観を解き明かそうという、この野心的な挑戦に、心から拍手を送りたい。たとえば土器に練り込まれている縄などの混和材に「意味」があると考えた考古学者はこれまで皆無であり、この『縄文人の世界観』は、今まで無視されてきた数々の事例に説明を与え、考古遺物に生命を吹き込んだ日本初の考古学本であることは間違いない。

「ぜんぶ<再生>で説明できるわけがないし、それって証明できるの?」

そんな意見もあると思うが、先史時代の「心」とは、誰も目にすることができないものだ。深層心理学や脳科学を使っても、極めて証明しにくいのが、人の「心」であろう。証明できない以上は、多くの考古遺物による様々な事象や事例を積み上げ、他の学問研究の成果を援用しつつ蓋然性を述べていく他はあるまい。それは、これまでのように現代人の感覚や現代人の常識で想像して語るよりは、はるかに学問的な姿勢であるといえる。このようなチャレンジを否定することなく、今後、多くの人が(根拠を持って)この議論に加わり、先史時代の「心」が究明されていくことを望む。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示