サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. aiさんのレビュー一覧

aiさんのレビュー一覧

投稿者:ai

5 件中 1 件~ 5 件を表示

止まっていた時間が、動き出した。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ポーの一族は、子供の頃に愛読していました。
大人になって読み返してみると、新たな奥深さを感じました。
多分、子供の頃の私と、今の大人になってしまった私とでは。
感性が、まるで違ってしまっていることが理由だと思います。
が、いくつになっても新たな感動が出来る、この本はそんな名作の続編です。
けど、前作を読まずにも十分堪能できるのは、物語としての骨格がしっかりしているから。
もしこの一冊に、何か感じえるのもがあったのなら。ぜひ、今までの過去作品を強くオススメします。
きっとあなたも、囚われ人になってしまうことでしょう。永遠に・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

眠る前に。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

眠る前に、時々読んでいます。
何も考えずに、適当に開いたページのメッセージ。
ポジティブで、優しくて、なにより、絵が可愛らしいです。
眠る前に、いい暗示を自分にかけながら眠れます。
素敵な明日を、過ごせそうな予感がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

美しすぎる儚い永遠

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

永遠とひきかえに、何を差し出せるでしょうか?
あまりにも美しくも儚い、幻想物語です。
恐ろしい存在であるはずの、彼らが。
かくも儚く、そして哀しく美しい。
永遠って、なんだろう?そう、改めて考えさせられます。
この作品こそも、永遠に読み継がれていく価値のある作品です。
私は、子供の頃初めて読んだのですが。今の私は、すっかり大人になってしまい。
読み手は年をとっていくのに、彼らはいつまでも年を取らずに。
作品の中の、彼らと時間を共にした人たちの戸惑いが。そのまま、伝わってきます。
彼らと共に、時を超えて行く?いいえ、私は永遠の時間を、望みません。
でも、想いだけは永遠に。共に、いつまでも共に・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

野鳥の本ですが。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

言わずと知れた、野鳥の本ですが。今回はインコ、オウムの特集です。
ペットとて慣れ親しんでいる、インコ、オウムですが。元々は、野生の鳥です。
実に、様々な種類があります。
私もインコを飼っていたことがあるのですが、飼いインコの気持ち的なものから。
野生のインコたちの生態、今の現状など。実に濃い内容となっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本インコのひみつ

2017/02/02 15:32

インコ好きの人、必読!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

インコ愛に溢れた、一冊です。
ただのインコの習慣だけでなく、太古の時代の恐竜との比較や。
現在の飛ばないインコ、カカポなどについても書かれています。
私は、セキセイインコを飼っているのですが。
この本を読んで、より我が家のインコが愛おしくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示