サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Fumieさんのレビュー一覧

Fumieさんのレビュー一覧

投稿者:Fumie

5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本タオのプーさん

2017/03/29 21:11

タオ=道の見つけ方

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「タオのプーさん」は不思議な本です。そう、何だかゆったりとした気分に包まれます。まるで太極拳のリズムのような。プーさんの行動や考え方を通して、あるがままに生きていくタオイズムについて説明されています。タオイズムは<どこでもないところ>に行って<なんでもないこと>をする、自然のリズムに逆らわない生き方。この本はそんな理想の道の見つけ方を教えてくれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本哲学の教科書

2017/03/08 10:12

哲学という謎

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「哲学とは何でないか」を列挙し取り除いていけば、「哲学とは何であるか」が見えてくるはず。けれど何も見えてはこない。つまり「哲学とは何でもない」、言い換えれば「哲学とは何にでもなる」。何かに疑問を持ち、ひたすら考え抜くことによって得られたものが哲学。たとえ結果が得られなくても、考える行為そのものが哲学。
「哲学の教科書」とあるけれども、入門書ではない。「哲学者になりたい」という無謀な憧れに釘を刺し、覚悟を促す本と感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本本を読む本

2017/03/08 09:50

読書するとは

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

読書には段階があり、それぞれにルールがある。「正しく本を読む」とはどういうことか、そしてその方法は、を解説した本。批評家になろうという人には有益だけど、「趣味は読書」という人には邪魔になる知識かも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本食堂かたつむり

2017/02/15 22:40

食べること

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

疲れた時に一粒のチョコレート。すっきりしない時に香り高い一杯のコーヒー。泣きたい日に母が出してくれた炊きたてのご飯と味噌汁。「食べる」「食事をする」という行為は体と心の栄養になる。生きていく力をくれる。そんなことを感じさせてくれた本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ビジネスエリートの新論語

2017/02/12 20:21

いつの時代も「働く」のは大変

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

司馬遼太郎氏が昭和30年に書いたサラリーマン処世術。なぜ「ビジネスエリート」というタイトルなのだろうと、まず気になった。
 昭和30年、司馬遼太郎氏が32歳の時に書かれたという。現在も変わっていないなと思ったり、働き方が多様化して、もう「サラリーマン」は死語に近いのかもしれないと感じたり。ただ昭和30年代も現代も「組織の中で働き続ける」のは大変だと実感した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示