サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. そわれさんのレビュー一覧

そわれさんのレビュー一覧

投稿者:そわれ

5 件中 1 件~ 5 件を表示

電子書籍銀河英雄伝説1 黎明編

2017/10/19 00:58

伝説のはじまり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

宇宙の伝説はこのようにして語られ始めた。
魅力的な登場人物はもちろん、なにより作中で語られる軍略や政治は何年経とうと読者を夢中にさせる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍憂国のモリアーティ 2

2017/04/10 22:39

待ってました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2巻でようやくホームズが登場、モリアーティとも接触しました。ワトソンも登場し、今回はようやく役者が揃い、物語が動き出すといったところでしょうか。これから先ホームズとモリアーティがどのように関わるのか非情に楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍憂国のモリアーティ 1

2017/04/10 01:04

続きが気になる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

シャーロック・ホームズシリーズのモリアーティー教授をモデルとしたいわゆる二次創作。犯罪界のナポレオンともいわれる彼目線で描く物語は、モリアーティのキャラ設定からしてなかなかに面白いものです。憂国とタイトルにある通り、モリアーティ教授の行動は国を憂いてのものです。彼が今後ホームズとどのように関わるのか、とても楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

読み応え抜群

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1巻に続き、2巻も完全な軍記もの。参謀本部の作戦など、この世界線でこの作戦とは思い切ったものだというしかありません。
個人的にはゼートゥーア閣下が良い味を出してます。ただ2度の世界大戦について知っている身としましては、彼らはどこまで突き進みどのような終結を迎えるのかとひやひやしております。
戦況は二転三転、方針転換、前進を、と話が進んでいます。早く3巻を読了したいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

本格的な戦記モノ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「幼女」と「戦記」とは、違和感しかない組み合わせである。幼女という言葉に釣られて読んでみたという方はその内容に驚かれるだろう。いわゆる萌え系ではなく、どこまでも本格的な戦記モノである。主義、思想、宗教、政治と戦争。帝国と世界のパワーバランスなど、どこまでも本格的である。主人公転生ものでファンタジー要素も入るが、その本質はどこまでも泥臭く血生臭い戦争ものだ。しかも華々しいものではなく、世界全体が泥沼と化すような終末戦記。戦術、軍隊などに興味がある人にはお勧めできるが、萌え系を求めて軽い気持ちで読もうという人にはあまりお勧めしない。内容も複雑であるので、難しい内容はちょっと…、と躊躇う人もいるだろう。その場合はコミカライズ版もあるのでそちらをお勧めする。ちょくちょく出てくる現実世界の世界大戦における情報などは、そちらの話が好きな人からすればより楽しめる要素である。だが、先にも述べたが内容は複雑で難しいかもしれない。あるいはアニメで大体の流れを把握して、さらに詳細を知るために小説を読むというのも良いかもしれない。
文章は上手であるとは言い難い。句読点の位置などで違和感を覚えることもある。しかし話の内容に集中できていれば気にならない程度だろうか。
巻末部分に地図や各国の意図、戦略、戦術がまとめられているので途中で分からなくなったらそれを確認しながら読むことをお勧めする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示