サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 青い山さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

青い山さんのレビュー一覧

投稿者:青い山

3 件中 1 件~ 3 件を表示

かるとこっかにほん

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

新聞テレビを妄信する市民の多さでは「先進国」の中でも突出している日本。そのくせ「マスゴミ」などと呼ぶ者たちはネットでデマ情報の発信と拡散に明け暮れる。情報が溢れているように見えて、不正確であやふやなニュースが浮遊する。記者クラブという日本独自のシステムが盤石で、権力への監視どころか癒着が進む。
「戦時性奴隷」の問題について、日本の方針はヒステリックに否定を叫ぶだけ。世界の趨勢の認識との乖離が広がっていることに気付いている人は少ない。そうした内向きのキャンペーンがここへきて米国内に移された。これもまたあまり知られていないが、一部の極右がしでかしているわけでなく、今年になって安倍政権はこの恥ずべき訴訟に関わることを表明している。
大変平易な内容。一読をお勧めしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

中世説話の世界

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

過去に起きた謀略事件の解決編です。リンハルト家の末裔の少年と、ギーシェ家の犯した惨殺(謀略は知らない)の罪を一身に受けようとする風変わりな少女。ロマンスに発展しそうなところですが…。
著者が「アルカサル」を書く上で様々な文献に当たる中で生まれたであろうこのシリーズ。今の感覚だとばかばかしい迷信や説教本のご都合主義を多分に取り入れ、とてもユニークなシリーズになりました。
また、女性が生き生きと活躍する点でも、青池作品の中では出色です。
関西でのイベントレポート付き。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

被害者の声を正確に聞け!

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

右からも左(?)からも大絶賛されたパクユハ著「帝国の慰安婦」。この著作の問題点を隅から隅まで論証して見せたのが本作である。
そしてなぜ、日本の「知識人」にも嬉しい内容だったのかも紐解いて見せている。相当耳の痛い内容である。
2015年末、だまし討ちのようになされた「日韓和解」。当事者を置き去りにし、「売国的」な態度で臨んだ朴槿恵政権。
何ら義務のない合意内容も詳らかにされていない(しようとしない)ただの口約束のような「和解」を、ヒステリックに履行せよとマスメディアも庶民も大合唱だが、彼らは「和解」内容を把握しているのか?そして何より、高齢の被害者当事者たちの気持ちや現状について、事実をなかったことにして潰したいのだろうか。私はそこまで非道にふるまえる気持ちが全く理解できない。

戦時性奴隷の問題に関心を寄せてきた者が読むと、「帝国の慰安婦」は非常に理解しづらい内容になっている。そうした感想を持った人にも一読をお勧めする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示