サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Qianhui84さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

Qianhui84さんのレビュー一覧

投稿者:Qianhui84

1 件中 1 件~ 1 件を表示

思い出の一冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

恐らく人生で初めて自分の意思で「欲しい!」と思い、親に買ってもらった本です。
当時4歳。書店に平積みにされたこの本の、表紙のイラストに強く惹かれたのを覚えています。あの頃キョンシーが流行っていましたから、「おばけ」とか「妖怪」とかちょっと怖いものに興味があったのです。親に「あんたにはまだ早い」と言われたのを説き伏せて買ってもらいました。
ただ私は、家に帰って最後まで読み終えるまで、大きな誤解をしていました。「りぼんちゃんのおばけたいじ(退治)」なのに「おばけだいじ(大事)」だと思い込んでいたのです。きっと愛護精神に溢れた奇特な少女とおばけのハートフルヒューマンコメディなのだと思っていたのに、読めども読めどもおばけと仲良くならない。詳細は忘れましたが、途中まで結構怖い論調で進んでいたので、正直裏切られた気分でした。笑
読み終わったあと、「全然おばけ大事って言ってなかったな。私の読みが足りないのかな」と思い、何度も何度も読み返しました。今思えばこれが、私の国語読解力を高めてくれたのかもしれません。それが「おばけ退治」であったことに気付いたのは、もっと後…小学校に入ってからだったと思います。(一人ツッコミを入れましたw)
いま知りましたが、作者はかの有名な那須正幹さんだったのですね。もう少し大きくなった頃、毎日図書館に通ってズッコケシリーズを読破しました。彼の文章は、子供を夢中にさせる力を持っています。りぼんちゃんの時代から私は大ファンです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示