サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. MIYUさんのレビュー一覧

MIYUさんのレビュー一覧

投稿者:MIYU

4 件中 1 件~ 4 件を表示

電子書籍アルテ 1巻

2017/12/26 11:36

芸術の世界に触れられる。。。でも体育会系(?)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

おもしろいです!わくわくしながら読みました。
イタリアのルネッサンス期において、当時としては稀な女性画家が主人公です。
専門家ではないのですが、仕事の関係でキリスト教美術に触れる機会があるので手に取ってみました。私の場合は南米で、アルテの舞台はイタリアなのですが、植民地初期のラテンアメリカでは、まず、ヨーロッパから絵画を学んだのです(実際ラテンアメリカに渡った人もいる)
南米では、先住民にキリスト教をより早く広めるために、宗教画の工房では絵画の作成にてんやわんや。まるで日本の漫画家のようだ。。。と思っていたのですが、作者がこの漫画を描くきっかけが、工房への親近感とのこと。納得です(ヨーロッパでも納期に間に合わせたりとか大変だったんですね)。
当時の時代背景がしっかり描かれていて、物語にすんなり入り込めるし、アルテの他にも個性豊かな人々が登場します。(個人的にはこれからどんどん技術面も紹介してほしいな。。。)
工房では、テンペラ画の下地塗り、そのあとの巻で出てくるが、フレスコ画などとっても大変な肉体労働がアルテを待ち受ける。頑張れアルテ!!!
そして、女性ならではの芸術性も期待できるし、なにより彼女のロマンスのゆくえも気になるところ。。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍アシガール 1

2017/12/26 12:46

とにかく笑って、元気になって!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ドラマ化されるとのことで、たまたまお試し版を読んでみたのがきっかけです。
まずタイトルがいい!!足軽。。。アシガールですか?ハハハ。
タイムスリップものです。もともと個人的に考古学がすきなせいか、このジャンルは好きでした。昔に生きた人が、私たちと変わらない人たちで、時代は過去、現在、未来とつながっているというのを確認できるロマンというか。。。
しかし!
そんな理屈抜きに面白かったです。
テンポがよくて、変顔がいっぱい出てきます。主人公 唯の行動が愉快!(読んでのお楽しみププ。。。)誰が読んでも楽しく読める作品では。。。?ドラマ化されるのも納得です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍町でうわさの天狗の子 1

2017/12/26 12:25

ちょっとだけ変わっているけど、普通のすてきな女の子!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

たまたま手に取った同じ作者の本「金の国 水の国」がよかったので、この本も購入してみました。
天狗と人間のハーフである秋姫が主人公です。一見私たちのいる世界と何も変わらないような世界が舞台です。天狗、鬼など普通は見えないものが身近にいるという点だけがちがいます。
後半には、どきどきのクライマックスがありますが、前半の秋姫の普通の(普通であろうとしている)女の子の日常生活の描かれ方がよかったです。秋姫のまっすぐさが何よりかわいらしい。秋姫と友達たちの友情もいい!(個人的に好きなのは紅葉ちゃん。)
あるハーフの子の悩みなんかを聞く機会が多いので、彼女と秋姫が重なる時があります(彼女は天狗とのハーフではないが。。。)。たまたまハーフであることから、すこし他の子と違うことから生じる切なさ。。。
秋姫のまっすぐさが、かわいらしい。そして、切ない作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍金の国 水の国

2017/04/02 07:50

なかなかの名脇役

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ほんわか気分を味わえた作品でした。読み終えて、とても印象に残っているのが名わき役たち。そう、主人公の若者と王女が飼っている犬と猫(ルクマンとオドンチメグ)です。
仲の悪いA国とB国の話ですが、この二人(?)は、そんなことお構いなしに国境超えちゃうんですね。動物だから当たり前だけど。犬と猫なのに仲良しだし。この二人は「人間ってなんでいがみ合うんだろう」って思っているのでは。
お話の後半、時の移り変わりがルクマンの足で表されましたが、個人的にちょっと悲しい気持ちに。犬猫のほうが人より寿命短いんですね。限りある人生いがみ合ってばかりじゃ損するよって、メッセージがあるのでは。。。って深読みしすぎ?
犬猫目線でレビュー書いてしまいました。すねてるオドンチメグ可愛かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示