サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. overviewさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

overviewさんのレビュー一覧

投稿者:overview

4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本痴人の愛 改版

2017/04/11 21:55

身近にいるナオミ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私はこの作品ナオミという人間について深く考えさせられた。ナオミは夫の河合譲治の愛に甘えてワガママで不倫症のビッチになっていく女であるが、このような女が身近にたくさんいるような気がした。私は高校に通っていて大人の恋の現実をまだ目の当たりにはしていないが、高校において実際そうしなくてもそうしようとしている人がいることを感じる。俗に高校デビューという言葉があるがこれはナオミに近づくことではないかと思う。私はこれを若年層の男に読んで欲しい。まず、まず、このような女がいることを知って欲しい。そして将来、結婚し、子育てをすることになると思うが、その時、妻に、あるいは子供に、可愛さのあまり甘やかしてしまいたくなることはあると思う。しかしその行動がナオミを産み、自分の首を締めることになることを考えて欲しいと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本細雪 改版 下

2017/08/15 22:34

妙子

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この作品はやはり妙子が鍵であると思った。今考えれば彼女はとても常識的で人間的であると思うが時代が時代ゆえにいつも厄介払いされている。最後までどうして読んだ時最初は雪子が主人公だと思うが妙子ではないかと思えてくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本細雪 改版 中

2017/08/15 22:31

豪雨

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この作品の中巻の見どころは最初の方の豪雨だと思う。とても緊迫しており一気に読み進めることが出来た。また最後に訪れる板倉の死と言うのが何とも言えず個人的には悔しいという感覚であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本細雪 改版 上

2017/08/15 22:26

序章

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私は読むスピードが遅く、あまり長編は読みたくなかったのであるが同作者「痴人の愛」があまりにも心に響いたので読むことにした。まだ上巻はあまり大きな進展が無く退屈なものであったが上巻なしではこの先は面白くないと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示