サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. kenさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

kenさんのレビュー一覧

投稿者:ken

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本ガリバー旅行記

2017/04/20 23:23

18世紀に思いを馳せる旅

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

18世紀、各国が世界の秘境を目指した旅に、想像力がふくらみます。巨人のいる街、ヤフーという怪物がいる街、どれもこの時代に航海をし、異国の文化に接した情景が思い浮かびます。
主人公は、異国の地に行って、おおかた歓迎されます。主人公がまず行うのは、現地の言葉を身に付けるということも興味深いです。
私はこの小説を、作者ジョナサン・スウィフトの出身地、アイルランドへの旅行の道すがら読みました。
アイルランドはイングランドやヴェイキングの支配を受けた街です。虐げられる国や町への、スウィフトの鋭い社会批判にも読めます。
物語がおもしろいうえ、スウィフトのアイルランドの社会に訴えかける骨太な小説だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マイノリティーを無視しない歴史

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

西欧中心の歴史観でないところが好感を持てます。
その態度が文体に現れていて、読みいです。
パプアニューギニアで出会った人からの疑問に答える形でこの論文が始まります。それは、なぜ西欧とパプアでは、これほどに進化の過程が違うのかというものです。
この疑問に丁寧に作者は答えて行きます。
その論の運びは、西欧中心ではなく、マージナルなものからの視点で語られます。
日本では、磨製石器が各地より早く使われていた点。しかし、鉄器はなかなか早く浸透しなかった点。世界史の角度から日本を理解でき、とても充実した読書でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本幸福な王子/柘榴の家

2017/04/20 23:31

スウィートでビターな掌編

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『幸福な王子』で有名なオスカー・ワイルド。この本におさめられている短編は、どれもロマンチックな内容です。そして、どれもスウィートでビターな読後感を味わうことになります。
物語のメッセージともいえる「利他」や「自己犠牲」の精神は、どこか宮澤賢治の世界にも通じます。
ちなみ、私はこの文庫本をアイルランドの旅行中に読みました。
アイルランドの街角にたくさんの浮浪者がいました。私は「聖金曜日」にアイルランドにいました。この日、教会などで寄付をつのり、浮浪者への炊き出しを行っていました。
弱いものへの慈悲ー。オスカー・ワイルドの作品に現れるテーマに触れることができました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示