サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ゆーさんのレビュー一覧

ゆーさんのレビュー一覧

投稿者:ゆー

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本イノセント・デイズ

2017/05/15 10:26

なにからの解放か…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

帯が「少女はなぜ、死刑囚になったのか」
で、読みはじめたらその死刑囚、「少女」という年齢じゃなかったのです。
でも、読み進めるとたしかに「少女」でした。

また、出てきた幼馴染みの二人の男が印象的。
ねじ曲げられてた正義感は幼いことから一緒。
見て見ぬふりは正義じゃない。
謝ることが正義じゃない。
信じないのは正義じゃない。
読み終わってからずっと、こいつの誕生日に死刑が執行された意味を考えてました。
二人の男の、
感じた違和感は同じなのに
そこから行き着く答えは違う。
すごいな、と。

情報リテラシーとか
死刑についてとか
色々考えさせられることあるけど。
私が一番考えさせられたのは
幼いときの記憶、かな。

誰も救われないなぁ、と思ったけど
結果的に少女は記憶から救われたのだから、良かったのかな?
救いというより「解放」。
彼女に関わった人は逆に、閉じ込められた気がする。

少女は…
見捨てられるのが怖かったから見捨てたのかな

でもなんであんなエピローグなんだろうかというのだけが疑問。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本女王の百年密室

2017/04/22 01:23

密室SF

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

森博嗣といえば密室モノですが、ひと味違った密室でした。
実際に帯にあるように密室事件も起こりますが、そこが密室ということではなかったです。

密室だったのは
タイトルにある通り
女王
そして主役も
密室に閉じ込められていました。
だから二人は惹かれ会う

最初から
ゲームの中の話かな?と思うような感じでした。
不思議な世界観。

密室のミステリーではなくて
SFですね。
さすが森博嗣!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示