サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 光里友二さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

光里友二さんのレビュー一覧

投稿者:光里友二

3 件中 1 件~ 3 件を表示

聖者に導かれてドラマチックな変容をとげた人物が、魂の旅路を明かす貴重な記録

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この書籍は聖者に出会い、そのもとで修行を積んできた著者が、貴重な体験を記し、そして、その教えを丁寧に解説している本です。
 その聖者とはサイマー。サイマーは「聖なる母」を意味します。世界で尊敬を集めている女性聖者です。日本にも最近は毎年訪れて、多くの人に深遠な真理をわかりやすく説き、聖なる愛を伝えています。
 この本には次の三つの面があります。
・サイマーと著者との、さまざまなエピソードが、生き生きと述べられているので、サイマーの教えと、その素顔、人となりが理解できます。したがって本書は、「私はサイマーのおかげで、こうして光の道に導かれた」という内容の、聖者サイマーのことがよくわかる本です。
・ニューヨークで懸命に生き抜いてきた一人の男性が、現代社会で、家庭で、さまざまな苦悩を味わい、葛藤を経てきました。そして幸運にも真理に触れ、どん底から蘇って変容していくプロセスがドラマチックに描き出されています。とても興味深い読み物であり、また感動的な自叙伝です。
・さまざまなスピリチュアルな「学び」が、わかりやすく、「経験から学んだこと」として、解説されています。光の道についての、読者の気づきと洞察のための、具体的で、わかりやすいガイドブックとなっています。
 このように本書は、読み進みながら、著者と一緒に、また聖者に導かれながら、真理を探求する旅ができる、たいへん素晴らしい読み物です。
 また、変容のための、価値ある実用書でもあります。
 一読されることを薦めます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本難訳・和英口語辞典

2017/05/06 09:04

画期的な和英辞典であるとともに、示唆に富む異文化論

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者・松本道弘氏は、「英語道」の提唱者として、またディベートを日本に広めた人物として、広く知られています。
 たくさんの著書などで、日本の英語学習者が本物の「英語の使い手」になれるよう、情熱的に指導してきました。
 本書は、その著者が満を持して世に送る、日本の「難訳語」についての、画期的な辞書です。
「気にしない」「とりあえず」「ツーカーの関係」「凛とした」など、翻訳する際に頭を抱える、たくさんの「難訳語」を取り上げ、例をあげながら、体験的に、文化的に、社会的に解説しています。
 それは、松本道弘氏ならではの見事な翻訳であり、体験もまじえた具体的な解説であり、読んでいて痛快な気分にもなります。
 したがって本書は、貴重な和英辞書(兼英和辞書)であるにとどまらず、たくさんの示唆に富む、読んでおもしろい辞書であり、また興味深い異文化事典でもあります。
 長い間、異文化のはざまで、英語そして日本語と格闘しつつ、熱心に英語指導を続けてきた著者だからこそ為し得た、たいへんな労作であるということを実感します。
 この、読みごたえがあり、また超・実用的な本を書き上げた著者に敬意を表します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

難しい般若心経を「愛」と「悟り」の視点で解き明かした画期的な本

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本でもっとも親しまれているお経が「般若心経」(はんにゃしんぎょう)です。
 この般若心経は、唱えるだけでなく、写経をする方も少なくありませんが、難しい漢文のため、なかなか理解できないのが実情です。
 私はこれまで、般若心経についてのいろいろな本を読んできましたが、この本はもっとも私の心に響きました。
 本書のおかげで、般若心経が「悟りへの道」の手引きであるということがよくわかりました。
 また、般若心経は「空」について説くお経とされていますが、「心を空っぽ」にすることができると「幸福」になる、という秘密が丁寧に解説されているので、「空」の秘密の一端に触れることができました。
 本書でとくに印象的なのは、著者が訳した、般若心経の現代語訳です。とてもわかりやすく、そして奥深く、般若心経の名訳であると言い切ってよいでしょう。
 この本を読み終えて、ヒマラヤ大聖者として、インド、日本、欧米などで真理の教えを説き、深い愛をもって、たくさんの人を導き、救ってきている著者だからこそ、難解な般若心経の本質を解き明かすことができたのだ、と感銘を受けました。
 本書は、尊く、温かく、また画期的な本である、といえるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示