サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. crvmainさんのレビュー一覧

crvmainさんのレビュー一覧

投稿者:crvmain

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本スキン・コレクター

2017/05/14 18:43

ボーンコレクターを思い出すのは私だけではないだろう

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

地下トンネルで発見された被害者に彫り込まれた数字のタトォーは、まさに新たなシリアルキラーの登場するサスペンス劇の幕開けを思わせる。

そして、被害者は拡大していき、リンカーンチームのアメリアやロンも標的にされることになりついには、リンカーン自身も狙われてしまう。
計画的かつ完璧な犯行を行う未詳(スキン・コレクター)の犯行現場からは、科学捜査に必要な微細証拠もほとんどない状態。

数少ない微細証拠と、被害者体のタトォーや犯行の経緯などからリンカーンは犯人像を組み立てて行く。
リンカーンの予測は、被害を軽くし、犯人逮捕に再三近づく成果を挙げて行く。

「どんでん返し」のディーヴァーは、そう簡単に新たなシリアルキラーの物語にはしてくれないのは、想定内なのだが今作品は久しぶりにキレがある展開で最後まで引っ張ってくれた。
刑務所の中のウォッチメイカーとの関わりなど少し強引なところは感じられるが、次作への伏線となっているのかもしれない。

スキン・コレクターの捜査陣の動きまでも予測にいれた周到な計画に、ディーヴァーの執筆方法を重ね合わせてしまう読者もまた私だけではないだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示