サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. よこさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

よこさんのレビュー一覧

投稿者:よこ

38 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍既婚者ですけど、何か? 3

2017/06/22 14:46

完結。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

大好きなシリーズです。
一巻で心を掴まれ、ずっと楽しみに読んでいます。
一巻、二巻、は甘いシーンはほとんどが主人公の妄想というコメディ色の強い作品ですが、3巻もやはり妄想か現実かわからないハラハラ感というか、独特の楽しみ方ができます。
主人公以外のキャラクターもとても味があって、私はなぜか主人公の元奥さんがとても好きで(BLなのに)いつも癒されていました。
みんなハッピーエンドでとても満足です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

すっごく可愛かったです。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

表題作とあとも一つ、どちらも男子高校生のカップルです。
どちらも、ずっと一緒にいる親友を密かに好きで…という切ないストーリー。
とにかくピュアで、恋する男子高校生にきゅんとしました。
表情がとてもかわいく、登場人物のドキドキがすごく伝わってきます。
みんな健気で、高校生らしく、見てるだけで幸せになれました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍Life 線上の僕ら

2017/05/15 00:40

泣けました。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

泣けると評判だったので読んでみたのですが、本当に泣けました。
高校生の頃に、「白線ゲーム」という独自のひとり遊びがきっかけで出会った二人が恋をして、大人になり、亡くなるまでの一生を描いています。
キラキラと恋をした高校生の頃、現実にぶつかる社会人の頃の少しすさんだ感じ、などそれぞれの場面においてキャラクターの表情や雰囲気が変わり、心を動かされます。
なんど読んでも素敵なお話だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍やぎさん郵便 3

2017/06/28 23:05

完結

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「マッチ売り」から始まり、完結です。
始まってからずっと大好きで読んできました。
澤×有原、廣瀬×花城、の2カップルのお話です。
一枚の恋文から始まる物語。登場人物の過去や謎が紐解かれていくなかで、それぞれの一筋縄ではいかない恋愛模様を堪能できます。
とにかく、登場人物それぞれがそれぞれにしっくりくる幸せな結末を迎え、とても満足です。書き下ろしもあり、本当に満足の最終巻でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

αとβの幸せ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

西園寺家の執事長久藤と、葵の執事宮内。
体の関係はあるけれど、恋人未満の二人の大人の恋のお話の続きです。
久藤の運命の番のΩが登場します。
βの自分にはない運命に怯える宮内がとても切ない。そしてその宮内を思いながら運命に苦しむ久藤も切ない。
本当に、α×βの切なさをこれでもかというほど感じました。
オメガバースにおける運命を超える幸せの形を二人が見つけられることを願いながら、下巻を楽しみにしています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍オレとあたしと新世界1

2017/06/22 04:01

面白い。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ゲイバーに勤めるしのぶと、お客として来たノンケの日雇い労働者のマコトが主人公です。
二人を取り巻くゲイバーの面々がワイワイと騒がしく楽しい。そんななかで静かに愛を育む二人。コミカルかと思えばシリアス、その塩梅が絶妙でした。
お話の展開は本当にシリアスな展開なのですが、前述のゲイバーの面々のおかげか湿っぽいだけではありません。人の人を思う気持ちを強く感じました。
続きがとても気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍カラーレシピ(1)

2017/05/25 23:02

衝撃的

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

サイコパス攻めということで、
ところどころで見せる攻めの受けに対するやさしさが、全部わかったあとに読み返すと本当にこわい。
攻めに狙われた無愛想だけど真面目なツンデレ受けがすごくかわいかったです。
サイコパス攻めがこれからどう動くのか、続きが気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

デリカシーのない攻めがなぜか憎めない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

サラリーマン同士のお話。攻めはノンケで男前です。受けに対して、結構さらっと言ってしまうデリカシーのなさですが、なぜか憎めないやつです。
そして、その攻めに片思いしている受け。クールビューティかと思いきや、傷つきやすくすぐに涙目になる繊細な人でした。泣き顔も真っ赤になった顔も、とてもかわいい!

攻めははじめは「俺はホモじゃない」と主張し続けていますが、次第に受けに心惹かれていきます。その過程でも、付き合うことを決めてからも色々とデリカシーのない攻めですが、やっぱり憎めない。
もっと読みたいなと思いました。

他に、もう1つサラリーマン同士のカップルのお話が収録されています。
こちらもかわいくてオススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍僕らの食卓

2017/05/18 21:57

あたたかいお話

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

三田先生の作品は大好きで全て読んでいます。
人物の表情の描写が大好きです。

子育て話風の表紙ですが、小さい子は弟です。
この子が、穣と豊が出会うきっかけになったのですが、本当にかわいい!種くんをみるだけでも癒されます。

穣も豊も、それぞれに心に暗い部分を抱えています。その問題自体は重く、でも、同じ食卓を囲むことで、二人は徐々に救われていきます。
心が温かくなるお話でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

上手い!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

キャラクターの描写がとても上手です。
くたびれたサラリーマンの攻めと、飄々として物分かりの良いゲイの受けなのですが、二人ともどこか捉えどころがないのにも関わらず、きちんとどこかに存在している感じがします。

セフレから始まり、タイトル通り、恋だの愛だのはさておいているのですが、二人が思い合っていることがよくわかります。

根底には二人の孤独が流れていて、それをお互いが埋めていく物語だけれど、そんなテーマは感じさせずさらっと読めてしまう。上手い漫画家さんだなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍学園天国 それは恋です小泉くん

2017/07/26 03:10

秀良子先生テイストのラブコメ

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

表題作は、全てアンソロジーに掲載されていたシリーズです。クラスの人気者だけど二重人格の襲い受け小泉くんが、クラスの嫌われ者ヤンキーに恋をして(本人は恋であるとは無自覚)構い倒し、嫌われながらも恋に気づいたり恋が芽吹いたりと進展していくお話。
コメディですが、恋をした瞬間の描き方や小泉くんの過去など、しっかり秀良子先生テイストでぞわぞわしたり切なくなったりできます。
同時収録の短編も以前アンソロジーに掲載された時から大好きな作品です。
こちらはとっても先生らしい表現、言葉にできない感情が1ページ1ページから溢れ出る、切ないでも幸せな絶品と言えるお話です。
ファンの方はもちろん、そうでない方も読んで損はないと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍やぎさん郵便 2

2017/06/28 23:12

3作目

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「マッチ売り」から数えて、シリーズとしては3作目です。
始まってからずっと大好きで読んできました。
澤×有原、廣瀬×花城、の2カップルのお話です。
一枚の恋文から始まる物語。
この巻では、お話が少しずつ前進し、登場人物4人それぞれが少しずつ自分の気持ちに気がつき始め…
登場人物が幸せになるように願いながら読みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

短編集

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

軽く読めるかな、と思って購入しました。表題作は本当に軽く読めたのですが、収録されている他の短編集が予想外にダークだったり、そうかと思えばかわいい作品が入っていたり、と振れ幅の大きい、濃い短編集で楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

大人の恋愛

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

西園寺家の執事長久藤と、葵の執事宮内の大人な恋愛模様です。
オメガバースのなかではα×Ωの運命の話がどうしてもドラマチックになりますが、この作品はα×βならではの駆け引きなど、かなり大人な雰囲気です。宮内のβとしての苦悩が切ない。
まだまだハッピーエンドとはいかなさそうな二人。続刊があるので、そちらも購入しようと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ほのぼの系です。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

同棲して長い夫婦のようなカップルのお話です。
半分セックスレスになっていて倦怠期っぽい雰囲気がはじめは感じられたのですが、お話が進むにつれ、二人が心の底から結ばれていることがよくわかります。
基本的には、ほのぼのしています。
お見合いにまつわるギクシャクや、家族へのカミングアウトなど、長く付き合う二人には必ずやってくる問題はあれど、それにぶち当たるたびに、愛が深まっていくように思えました。
攻めは、とても器が大きく、迷いのない人です。受けは、かわいくて少し臆病なところもあり、迷いがち。受けの迷いも大きく包み込むような攻めが、とてもカッコよくてオススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

38 件中 1 件~ 15 件を表示