サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 1900さんのレビュー一覧

1900さんのレビュー一覧

投稿者:1900

3 件中 1 件~ 3 件を表示

自分から名乗る

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

映画公開のCMを見て原作を読みたいと思った。「私が殺人犯です」と名乗る不気味な男の存在に私もいつの間にか目が離せなくなった。事件の担当刑事と、犯人どちらも読書家である故に一冊の告白本を巡るという展開に、更に引きつけられた。私の生きる現代の話であり、違和感なく一気に読むことのできる一書である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ジェノサイド

2017/06/22 15:26

最後まで

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

国家機密のプロジェクトに巻き込まれていく薬学大学院生。戦場、研究、ホワイトハウス、全く関係の無さそうな人物たちが繋がっていく瞬間は背筋にゾクゾクとするものが走った。
初めはなかなか読み進めることができなくて積ん読になってしまったこともあったが、読み切った後には達成感があった。アフリカの紛争の痛ましい現実を知ることも、私の大切な経験となった。顔を背けたくなるようなシーン、描写もあったが読んで後悔のない作品であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本四月になれば彼女は

2017/05/17 18:59

愛おしくなる瞬間が重なるとき

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

学生時代の恋人ハルから突然の手紙。結婚を控えた精神科医藤代の心に何かがうずき始める。ハルはなぜ手紙をよこしたのか。ずっと一緒にいるといった言葉はどこへいったのか。穏やかだったはずの日常に風が吹く。
また来ようねと言った初めての海外旅行。いつでも来れるとその時は思っていた。
なぜか私のこころの奥でも揺れるものがあった。書店で表紙に目を奪われ手に取ったときはこんな気持ちになるとは思わなかった。今すぐすきなひとのところに飛び込んでいきたくなる。普段は言葉にできないけれど好きな気持ちでいるこの瞬間を大切にしたくなる。
季節とともに、時間の経過とともに人の心がゆっくり動いていく、でも変わらない自分でいられる。その様が心地よく読み進めていける一冊。愛の色や形、においや音は誰とも簡単に重なるものではない。私だけのものだからこそ、共有できたときは嬉しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示