サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. tomtomさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

tomtomさんのレビュー一覧

投稿者:tomtom

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本しんせかい

2017/07/01 10:37

彼の言いたいこと

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

山下澄人の小説を読んできて、やっとこの『しんせかい』に追い付いた。これが一番読みやすいと思う。作者には珍しく、人称が移動しないからかな。

そして、「しんせかい」のラスト(これには笑ってしまった)ともう一篇「率直に言って~」については、著者の言いたいことが凝縮されているのではないかと感じた。というか、"らしさ"が溢れている。

併録の「率直に言って~」の方が好きかもしれない。「しんせかい」の前日譚、スミトが東京で面接を受ける前の日の晩の話である。
あの記憶、実際にあったのか夢だったのかよく分からない、みたいな感じ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本パラレル

2017/05/21 13:35

いい年した男たちの青春

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

裏表紙のあらすじに《思わず書きとめたくなる名言満載の野心作》とあるが、私が心に残ったのはクリスマスに牧師が言った「人はすべてその人にふさわしいものを得るといいます」という言葉。これを聞くとなんだか安心。
「パラで走らせる」というのも初めて聞いた。面白い。
時系列を組み替えながら進んでいくので少しこんがらがる事もあったが、日付が明確に記されているので読み直せば整理できる。続きが気になってスイスイ読んだ。

解説はあの「ぷよぷよ」を生み出したゲームデザイナーの方。この作品を書くに当たって長嶋さんから取材を受けたそう。これは感想に近いので気軽に読める。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本きょうの日は、さようなら

2017/08/20 16:00

神戸の兄妹小説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

単なるエンタメ小説にせず、人生はやっぱり思うように行かないなぁと感じさせてくれた。
ただ、文章によって想像がかきたてられるというのがあまり無かった。
「こんな兄、見限ってもええのになぁ」と思ってしまった僕は薄情なのかな。キョウコはやさしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示