サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. サラーさんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

サラーさんさんのレビュー一覧

投稿者:サラーさん

46 件中 1 件~ 15 件を表示

よく分かるナポレオン3世

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ナポレオン3世についてまったく知らなかっただけに面白い本でした。ナポレオン3世の人となりがお茶目で、側近たちもオスマンやモルシニーなど個性派が多くて、人材のバラエティならばナポレオン1世にも負けないと思います。
あとは個人的に投資銀行(クレディ・モビリエ)の設立、鉄道整備、パリ大改造もフランスの近代化を知る上でとても勉強になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

食い入るように読める2巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

怒涛の戦闘シーンから続く2巻。ボイルドとの激闘でウフコックが傷つき、バロットが身勝手に振舞ってしまった自分を振り返り成長する話。楽園の人々や動物たちと出会い人間的に成長するシーンはなんだか感動するし、カジノへ乗り出し、成長の成果を見せるところは自分でも驚くほどスラスラ読めた。主人公が成長する話が好きな人ほどここで虜になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

これは面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

それぞれの軍艦設計・開発に関わった方々の話を収録した本。本自体初版が古いため回顧録的なものとはいえ、比較的期間をあいていないので内容が生き生きしていて面白い話が多い。武蔵の場合は建艦部門の偉い人ということもあり、武蔵以外に開戦前に軍艦の建造計画の打診が来て、鉄はあるけど動力関係のストックはないよ、と報告した話などがあり思いがけない知識も得られる。会社で設計関係の仕事をしていると共感できることが意外と多いかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ギリシア・ローマ名言集

2017/06/09 19:12

シンプルだけど奥深い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

古代ギリシア・ローマの名言を出典・元の言語・しつこくなく解説している丁寧で読みやすい名言集。個人的に無人島へ持っていくならばこれが一番かと思っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本レパントの海戦 改版

2017/06/08 16:08

世界海戦史に残る一戦

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

海戦の歴史を調べると必ず出てくるのがこのレパントの海戦。塩野さんの地中海戦記三部作のラストに相応しく、戦闘描写も手に汗握る大海戦を中心にそこまで至る道筋も丁寧に書かれている。レパントの海戦、当時の海軍事情に興味がある人にも一読をオススメします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

海軍敗退の原因!?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

大日本帝国海軍の軍艦対空装備について愕然とする一冊。射程距離足りない連射性もなく、対空陣形研究も足りず読めば読むほど戦闘機相手に撃沈艦が続出しても当然かと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

質・量ともに十分

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

アレクサンドロス大王の偉業とその影響について分かりやすく書かれた隠れた名作。定期的に生産されるシリーズものと思いきや中身は要点を掴み、アレクサンドロス大王の特徴、マケドニア王国という背景も描き、彼の偉業の功罪も書かれています。アレクサンドロスについて知りたければこの一冊で十分かもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

君主論を読む前にご一読を

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

塩野さんが親友ニコロ・マキアヴェッリについて書いた本です。割とエッセイで書いていたこととかぶる箇所もありますが、当時のフィレンツェの政治情勢や庶民の生活も触れているので、ルネサンス期のイタリアの本が特に読みたい人にもオススメ。君主論を読む前に読むと良い感じに予備知識を持った状態で君主論に入れるので読んで損するところはないです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

冲方先生の原点

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

冲方先生らしく14歳の女の子が主人公ですが、お決まりの通りなかなか過酷な境遇にあります。そこからサイボーグとして蘇り、ウフコックという何にでも変身できるネズミを相棒にして戦います(あらためて書くと魔法少女に近いノリに聞こえる)。躍動感や重苦しい雰囲気などがすぐに伝わる素晴らしい文章ですのでSF好きに限らず、小説好きならばご一読しては如何でしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

新書としては十分過ぎる内容

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

シベリア抑留について日本だけでなく、ドイツ人の境遇、さらには抑留された人々がソ連経済で重要な労働力であったことも説明している、かなり要領の良い本。この本を足がかりに調べることも可能なほど基本知識を得られる非常に有益な一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

読みやすい。まさにライトノベル

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ストーリーは簡潔明瞭、少ない紙幅キャラ立ちをしっかりして感動することが出来た、ライトノベルのお手本のような作品。やはりライトノベル界の大御所の作品で、ストパン好きに限らずアニメや漫画は好きだけど本は読まない人にも紹介できると思います。
百合要素はありますが、2巻に比べればまだ許容範囲ですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

忘れられがちなシベリア出兵

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

近代日本史でなぜかあまり触れられないシベリア出兵。それを丁寧にまとめた一冊。あらためて読んでみると太平洋戦争の際に失敗した点につながる箇所もあり、大日本帝国の興亡をキーワードに読み進めている方々にはご一読頂きたい良作だと思います。
日露戦争後の日露関係を読み解くうえでも有効な本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本玩具修理者

2017/06/05 22:25

ホラー小説入門にぴったりの名作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一冊の中で短編がいくつか入っていますが何と言っても「玩具修理者」が一番不気味な雰囲気を醸し出し、読後のぞくっとしたホラー小説独特の読了感を味わえる作品です。他の短編と同じくクトゥルフネタもあるので知っていると思わずニヤリとします。難しい表現もなく読みやすい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

鳥入門には十二分な内容

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

鳥についてちょっと勉強してみよう、または鳥ってなんだろうとかいう鳥に興味を持った人にオススメな本です。鳥の体の構造から、鳥の種類にまで幅広く網羅しています。個人的には鳥の習性や社会活動的なところが興味深かったです。鳥関連の本を読むときに机に置いて辞書がわりにするととても便利です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本文庫版 魍魎の匣

2017/06/05 12:44

名作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

個人的に京極堂シリーズで一番好きな作品です。姑獲鳥の夏顔出しした人物たちがより個性的に活動するので前作から続けて読み続けることオススメします。
重厚な本ですが、入ってしまえばあっという間に楽しめます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

46 件中 1 件~ 15 件を表示