サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. doxさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

doxさんのレビュー一覧

投稿者:dox

2 件中 1 件~ 2 件を表示

人間は変われないのか、など

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

六本木に見に行きました。圧倒されました。100年も前の作品にも関わらず、戦争の悲惨さやそれに伴う人々の悲しみ、絶望、やりきれなさ、怒りなどはロンドンのテロを見るにつけ、何も変わっていない、人間は進化なんかしていないという思いに囚われます。スラブ叙事詩の何点かには、あからさまに或いはさりげなくこちらに視線を向けている人物がおりました。「お前は、この世界を良くするするために、一体何をしてきたのだ」と言われている気がしました。この図録からもそんなミュシャの思いが感じられます。

また一方で、この図録にあらためて目を通してみて、生頼範義やメビウス、大友克洋など、ミュシャの影響は現代まで続いているのかもしれない、などとも思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

私には合いませんでした

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

なにしろ中公新書ですから、カッチリした構成のノウハウ本のようなものを期待したのですが、拍子抜けでした。読んだ本にこんなことが書いてあった。身の回りの誰それがこんなことを言っている、やっているといった話が延々続き、いつ本題に入るのだろうと思っているうちにそのまま終わりました。本を読んで無駄な時間を過ごしたことを後悔するのは久しぶりでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示