サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ddnpqさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

ddnpqさんのレビュー一覧

投稿者:ddnpq

1 件中 1 件~ 1 件を表示

原朗(東京大学名誉教授)の博士論文の剽窃作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

原朗氏が、博士論文(=『大東亜共栄圏の形成と崩壊』)を提出する直前に、氏の発表を通じてそのタイトル・内容・構成を入手した小林英夫は、その構成などを盗用し、己の著書にした。それが『大東亜共栄圏の形成と崩壊』である。結果、原氏は博論提出が叶わず、博士号を断念せざるを得なくなった。
一方、小林英夫は、この業績が故に、早稲田大学の教授にまで上り詰める。これに対し、東京大学、京都大学、慶応大学の原氏の同僚たちは原氏に同情し、関係する記録を数多く残している。(「小林英夫 原朗 剽窃」で検索すると、非常に多くの検索結果を見出すことが可能である。例:原朗『最終講義』20頁 )しかし、原氏の博論を「パクった」とはいえ、結局小林英夫は己の能力不足により、同圏の形成と崩壊のプロセスなどを正確に捉えることができなかったらしく、この剽窃作は同圏がただ単に崩壊していく過程の説明しかしていない。原氏は、定年後自身の博論(=『日本戦時経済研究』)を本にしている。真の同圏の形成と崩壊の原因やプロセスを把握したければ、原氏の博論になるはずだった氏の著書『日本戦時経済研究』がおすすめである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示