サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. カルロさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

カルロさんのレビュー一覧

投稿者:カルロ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

中高生に読んでほしい、「自然保護」を住民の視点から見た本

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本は中高生(小学校高学年からいけるかも?)向けに書かれた、優しく語りかけるような本でした。自然保護と住民の生活について書かれた本で、このように易しく分かりやすく書かれた本は今までなかったのではないかと思います。
 「自然保護」は確かに大事だし、野生に生きている動物を見るのはとても楽しいし感動するけれども、「自然保護」の名のもとに自分たちの生活や伝統をことごとく否定された人たちもいて、「自然保護」の名を借りた弱い者いじめや暴力が世界各地で起きてきたことを説明してくれています。これらを読むと、「自然保護」を錦の御旗にしたことで多くの人権侵害が起きていることに気づかなくなる、見えなくなってしまうことの恐ろしさが感じられます。
 筆者はタンザニアのセレンゲティ国立公園という、世界的に有名な野生動物保護区に隣接する村に滞在し、どういうことが起きているのかを村の住民の視点で見てきました。それは華やかなサファリの裏側での住民の苦悩であり、たくましさでもあります。そこには、筆者の住民への敬意が感じられ、それがこの本全体に流れているので、途中で重苦しいテーマのお話があっても読み続けられました。また、最後には住民の生活と自然保護を両立するような取組みも紹介してくれており、前向きな気持ちにもなれました。日本の野生動物と人々との生活の現状についても実体験を踏まえて触れており、身近な問題でもあることを示唆してくれています。
 私の小6の子どももこの本を読み始めましたし、自然が大好きな小3の子どもも興味津々です。この本は彼らの世界を広げてくれそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示