サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. kazukiさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

kazukiさんのレビュー一覧

投稿者:kazuki

1 件中 1 件~ 1 件を表示

電子書籍銀閣博士とモルモット

2017/07/24 21:01

8年前

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

カバー画像に妙に魅かれるものを感じつつも、
単行本が2009年発売ということで、中身の絵柄はもしかしたら好みでない雰囲気かもしれない……と以前から購入を躊躇していました。

試し読み時点での感想は
1.画力が高い
2.攻め(及びがっちりタイプの男性)の口元やコマ割は懐かしい感じ
3.小物のセンスが好き
といった塩梅で、電子書籍なら場所もとらないし試してみよう!と購入に踏み切りました。

結論から言うと後悔はありません。良作です。
amazonの方のレビューでは結構プレイが激しいという意見がいくつか見られたましたが、個人的には大人しい方だと思います。
ただ私は昨今の性癖の多様化に適応した一腐女子ですので、【ネタバレ注意】獣姦、機械姦、触手、性具【ネタバレ注意終了】といった要素が苦手な方には激しい作品になるかと思います。

受けはどこまでもひたむきで可愛らしいですが、体つきはしっかり細身の男性のものとして描かれており、個人的にとても好きでした。また、冒頭のカラー絵のようなグラマラスな女性が脇に登場しているのも素敵でした。攻めは少しお茶目というか天然というか抜けている部分もありますので、圧倒的攻め様を期待されている方は少し肩すかしかもしれません。個人的には、コメディっぽい雰囲気も時折はさまれつつ話が展開していく描かれ方がとても好みでした。

世界観はディストピアです。
描かれ方は、そこここに匂わせるものがありキャラの設定にも絡んでいますが、それほどがっつり深く掘り下げてはいません。あくまで背景としての設定かなという気がしました。ディストピアに深いこだわりを抱いていなければ特に問題なく楽しんで読めると思います。(TRPGのパラノイアほどの管理社会ではありません)

8年前の作品ですが、本当に今読んでも色あせなく楽しい作品だと思います。

最後に大事な部分を!
電子書籍では修正の白抜きで受けのtnkがほとんど隠れています。もしかしたら書籍版の方が修正が少ないかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示