サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ニックネームさんのレビュー一覧

ニックネームさんのレビュー一覧

投稿者:ニックネーム

1 件中 1 件~ 1 件を表示

電子書籍羅生門

2017/07/25 21:20

芥川龍之介 羅生門

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最初に読んだのは確か高校生の時だったと記憶しております。この年になって時代を越えて読みつがれる名作って、わかるような気がします。この作品の場面設定、登場人物、時、書き手(芥川)の表現手法、など、いろいろと解説ができると思いますが、私が読み直して感じたのは、最後の一節にある、「下人の行方はだれもしらない」にあるように、あくまでそこにあるシーンを書き手のセンサーがキャッチしたほんのいちシーンにすぎないということがとても印象に残りました。脈々と流れる時間の中で、職を失うこともあるだろう、雨宿りすることもあるだろう、目の前に屍を見ることもあるだろう。芥川のような書き手の表現は、日本人としてのアイデンティティーをまるで鏡に写った自分を分析するかのような表現になるので、サムライが好きな西洋人には魅惑の存在になるのでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示