サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. こんばやしさんのレビュー一覧

こんばやしさんのレビュー一覧

投稿者:こんばやし

26 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本廃墟漂流

2002/07/05 15:27

シリーズ第2弾!

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

廃墟シリーズ第二弾写真集。

前回の「廃墟遊戯」では廃鉱をメインにされていたが,今回は廃線・工場等が加わり,写真集に一層の深みを与えている。
また表紙を見ると分かるとおり,構図を考えて撮っている感が見受けられる。
どれもこれも芸術品っぽい雰囲気が漂っている。

どっちを買おうかと迷われているなら,この「廃墟漂流」をお薦めする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

むむ,マネされた(笑)

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私も場所は地元名古屋ですが,明け方・GW・年始など誰もいない時期を狙ってを市内を撮っているのですが,まさか同じような写真を撮っている人がいるとは。
このような人のいない街を見るのはとても新鮮で気持ちいい。
みなさんにも見慣れた街の見慣れない風景を見て新鮮な気持ちになってもらいたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

漫画少年ができるまで

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

藤子不二雄Aによる「まんが道」にも頻繁に登場する雑誌,漫画少年。
正直,この本を読むまでは普通のどこにでもある漫画雑誌と同じと思ってましたが,その考えがガラッと変わりました。

漫画少年刊行は,元々少年倶楽部の編集長だった加藤氏が,戦後GHQに戦争荷担者・戦争犯罪者として公職追放処分を受けたところから始まります。
そこから妻を社長とし,自分はサポート役に回り,学童社を立ち上げ,家族総出での漫画少年作り。

ここまで読んだところで,なんだか目頭が熱くなりました。

その後,手塚治虫,寺田ヒロオ,藤子不二雄,石森章太郎,赤塚不二雄等,漫画創世記お馴染みの面々が登場し,漫画少年は,好調期,低迷期,廃刊と波瀾万丈の雑誌生涯を終えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

鳥肌もの

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この巻は,全米ソロデビューを断った主人公コユキがBECK再結成を踏み切る…と言う内容。

この作者は見せ方がうまい。
映画的というか,セリフに頼らず,絵でその主人公等の心情を描いている。
サクと別れる時の雪の降るシーン・コユキがメンバーと再会するシーンなど,読んでいて思わず鳥肌が立ってしまった。

ちなみにこの作者は私の高校のOBだったりする。すごいOBがいたもんだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ほんじょの鉛筆日和。

2002/05/30 15:50

マイナスイオンが出てるかも

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本文の内容には特に触れませんが,全体的にのんびりと柔らかい文章で,読者をいやしてくれます。
私自身この本を読む時は,コンポからゴンチチを流し,フトンに寝転がりながら読んでいますが,3コーナーほど読み終えるとまぶたがフワフワしてきます。
いや,眠くなるような文章と言う訳ではないですよ。気分が良くなるんでしょうか。うとうととしてしまいます。

自らを「いやしい系」と呼んでいる本上さんですが,周りから見ればやはり「いやし系」なのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ラスト水着

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 デビュー時から現在(平成13年12月)までの「週間プレイボーイ」のグラビアを飾った井川遥の写真集。「月刊井川遥」以降,なんとも煮え切らない評価の下がるようなありきたりなアイドル写真集を出してきたが,ここへ来てとても良い写真集を出した。
 悪い言い方をすれば,これまでの寄せ集め的写真集ではあるが,最近彼女を知り,ファンになった方にはこれまでの彼女を知ることの出来る過去を振り返るにはもってこいの写真集である。しかも平成14年からは水着封印と言われている。愛蔵本となり得る1冊と言えよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本本の雑誌血風録

2001/05/09 09:49

分厚い本に活字ビッシリですが…

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 筆者があれこれと思い出しつつ,書いているらしく,メモ書きのような本。たまに出てくる沢野氏の4コママンガ?がとても微笑ましい。いいね,この本。

 実は買うには買ったものの2年間ほど暖めてました。なぜなら分厚いからね。>じゃあ買うなよ!
 それでつい最近とても暇だったため,読んでみるか!とパラパラッめくってみました。するとどうでしょう。何とも言えぬ,椎名氏独特の語り口調で始まり,ちょっと変わったキャラが至る所に出現。あれよあれよという間に読み終えてしまいました。
 こんなに夢中になるとはね。読む価値は,人それぞれで何とも言えませんが,椎名氏からエネルギーをもらうのも良いと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

これは画集である

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 現在,漫画家でふるさとを書かせたら1・2を争う矢口高雄氏のこれまで書かれてきたカラーページを集めた本。春夏秋冬を見事に描かれている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本1985年の奇跡

2003/12/01 11:23

野球部の話なのに…

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

へっぽこ野球部奮闘記のハズなのですが,肝心の野球の描写は皆無に等しいですね。
野球以外の部分が面白すぎるので,気にならなかったのか。
野球部の仲間同士の会話がウィットに富んでおり,当時の年代を知る私は読みながらニヤニヤしっぱなしでした。
固有名詞がバンバン出て来るので,その名前に馴染みのない方には辛いかも知れませんね。
それを考えると,この本は20代後半以上40歳未満限定かも知れない。
クライマックスの校長との押し問答は読んでいてかなりの爽快感ありです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

廃墟ブームの立役者

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今日の廃墟ブームを作ったと言われるこの写真集。

取り壊し手数料が惜しく,放置しておいた鉱山・建物等がこのように日の目を見られるとは。
巨大建造物に対し,異常な執着心を持つ私としては,この上ない写真集である。
3500円と少々値が張るが,この廃墟を求めて日本全国を縦断・横断した著者の事を考えれば,安いモノである。

ただ,鉱山の廃墟,すなわち廃鉱が半分以上を占めているので,ビル・建物等の廃墟を見たい方には少々飽きが来るかも知れない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

とりあえず書け!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 外国の著名人の言葉を借り,読者であるこれから物書きになりたい人,もしくはすでに物書きの人を励ます本。ページの最後に「私は書きます。今からすぐ書きます」と教訓めいたモノがあり,ずっと読んでいると鬱陶しくなるので,数ページ読んで,よし! 書こう! と思ったら,本は閉じた方が良いでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

8時だョ!全員集合伝説

2001/04/25 16:12

ドリフ好きにはお薦め

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 私がこの本を読み終わる頃にちょうど荒井注氏が亡くなりました。もしかしたら,何か因縁があるのかもっっっっっっっと言うのは,考えすぎですね。失礼しました。氏のご冥福を祈ります。
 この本では,私の知っている加トケン全盛期よりも前の番組当初の話や番組中断の話やネタ作りの話などが書いてありました。どれもこれもとても感慨深く,そして興味深い内容です。
 この本を読み終わったら,いかりや長介著の「だめだこりゃ」を読むとまた深くドリフターズを知ることが出来ると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本寿司屋のかみさんおいしい話

2001/04/25 16:06

満腹時に読むべし

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 題名のとおり,寿司屋のおかみさんが書いた寿司屋にまつわるエッセイ。
 店に来たお客さんとのやりとりやら寿司屋業界でしか分からないようなことなど,エピソードが60ほどあります。
 読んでいると口の中に唾が溜まり,思わず寿司屋へ行きたくなりますので,お腹一杯の時に読みましょう。
 とっても読みやすい本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ホワイトアウト

2001/04/25 15:48

読み応えあり

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 すんごくおもしろかった。
 こういった類いの小説を読んだのは久しぶりだったんですが,雪山やダムの描写及び主人公の心理などがとても細かく書かれていて,読んでいくにつれ徐々にテンションが上がっていきました。
 主人公が困難に立ち向かう時,よくプロローグで起こる悲劇の事を思い出し奮起するんですが,読んでいて「ちょっと,しつこいよなぁ」と思っていました。
 がしかし,それがラストシーンにも反映しており,涙こそ出ませんでしたが,グッときてしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本南洋犬座 100絵100話

2001/04/25 15:45

良い顔

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 椎名氏が出会った人々,出会った風景などの写真と文章が載っています。特に良かったのが人物写真の表情。どの人もとても良い表情しています。
 「ドーダ!!」と言わんばかりの芸術写真や風景写真より,私はこの本にあるような日常を写した思わず顔がほころんでしまう写真の方が好きですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

26 件中 1 件~ 15 件を表示