サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. さがみさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

さがみさんのレビュー一覧

投稿者:さがみ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本暗闇商人 下

2002/11/10 22:49

日本人拉致問題の実体?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

現在盛んに報道されている「日本人拉致問題」と、かつて事件発生時には大々的に報道されたにもかかわらずその解決報道はあいまいのままであった「日本企業駐在員誘拐事件」の2つの問題の解決を山場に、息つく暇も与えずに一気に読ませてしまう。 小説という手法を使って「拉致・誘拐」の実体を告発するという捉えかたも出来る。 それは「拉致」、「誘拐」問題の双方にについて言えることだが憶測ではものを書けない新聞などと違い、「小説」という手法」による「あくまでフィクション」が前提という逃げ場のあるメディアを上手く使っているとも考えられる。 

登場する日本企業に勤務する人々が、やたらと有能で正義漢であることは、その実体を知る読者には白々しいものもに感じられるのではないかと思う。 むしろ刑務所内での待遇改善運動を日本赤衛軍に認められて超法規的措置の釈放をされ、挙句の果てに本人の意志に反して成り行き任せでテロリスト組織に取り込まれてしまった、人は良いけれども自分の意志では自分の人生さえも思うにまかせない「水田」こそが、著者の思惑にはかかわらず私には「日本人そのものの実体」に思えて仕方がない。

描かれている世界の視点や認識が日本人の枠を一歩も出るもので無いことは著者の他作品と同様で、この点が著者の作品を読む時にいつも私が感じる著者の限界ではあるが、あくまでフィクションという前提ではあっても、「日本人拉致問題」の実体を知りたい人にはお薦めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示