サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. コウさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年4月)

コウさんのレビュー一覧

投稿者:コウ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

黒い箱

2000/09/28 08:22

奇妙な9日間

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 主人公の兼村国夫は、40歳。脱サラして翻訳家をしている。三歳年下の妻と二人暮し。歩いて10分程のマンションに仕事場を持っていて平凡な日常を過ごしている。つまり、よくいる平凡な中年である。

 主人公はある日、思いつきで東京郊外の高尾山へ登る事にする。そしてそこで黒い箱を持って崖から空に飛び立っていく男を見る。「カタ、カタ、カタ」と音を立てて…。そこから始まる不思議な9日間の物語である。

 黒い箱が何であるか。何で空を飛べるのか。わからない。しかし、この小説の本質は、黒い箱の中身ではなくて、その使い方であり、何が出来るのかである。そしてそれを受け入れて、うまく折り合いをつけて生きていくのが人生であると登場人物たちは語っている。

 この小説のもう一つの魅力は、作者、阿刀田高の雑学の知識の広さ、話題の豊富さだ。ストーリの邪魔にならないように埋め込まれた会話が面白い。酒の席ででも披露してみたくなる。

 全編に渡って奇妙な雰囲気がある。
 阿刀田高の初の書き下ろし長編小説である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示