サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. やすさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

やすさんのレビュー一覧

投稿者:やす

1 件中 1 件~ 1 件を表示

エピソード3を見る前に絶対に読んでほしい!!

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

このエピソードは、スター・ウォーズ エピソード3の直前の話である。
惑星ケート・ニモーディア。
アナキン・スカイウォーカーとオビ=ワン・ケノービの二人は、トレード・フェデレーションのヌート・ガンレイを追いつめていた。ガンレイが見えるところまで近づいた二人だったが、バトル・ドロイドの妨害に遭い、いつものようなどたばた劇。すんでの所でガンレイを取り逃がしてしまう。
しかし、二人の追跡に気づきあわてたガンレイは、たいへん大事な物を忘れてしまった。それは、めずらしく高級なメクノ・チェアであった。そのメクノ=チェアは、ただのチェアではなかった、なんとシディアス卿のホログラムが表示されたのであった。実は通信装置なのであった。
アナキンとオビ=ワンは、このメクノ=チェアの製造元からたどって、シディアス卿の正体を突き止める操作を開始した。星から星へ飛び、着実にシディアス卿へと近づいていく二人。シディアス卿の正体を知ることができるのか....
と、ここまでがさわりの部分。
ついにパダワンからジェダイナイトへとなったアナキンが、いつも通りライト・セーバーをひらめかせて戦い、幾度となく危険に踏み込んでは乗り越えていく、ガンレイの追跡劇で始まる。
その後は、シディアス卿の謎をおっての追跡劇。
そして一方では、シディアス卿がいろいろと策を練り、ジェダイを、共和国を追いつめていく。
この本の最後は、そのままエピソード3につながっていく。エピソード3をもっと楽しみたい人は、是非ともこの本を読んでほしい。そうすれば、映画の冒頭部分に入り込みやすいし、おもしろく見ることができるだろう。
そして、その他のブリッジノベルを読んでほしい。あなたもスター・ウォーズワールドにはまっていくことを請け合いする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示