サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. KIMIさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

KIMIさんのレビュー一覧

投稿者:KIMI

1 件中 1 件~ 1 件を表示

これはマニュアル本ではなくエッセイ集。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 タイトルが強烈である割に中身が薄いです。「喋り方と態度」に関する指南書と思いきや、むしろ著者の日ごろの鬱憤を書き連ねただけに近く、「コミュニケーションのコツ」についての著者の考察はコミュニケーションに優れている(と著者が思う)人とそうでない人の、行動パターンの分析で終わっています。
 本書では著者がこれまでに出くわした様々なエピソードが紹介され、それぞれに「問題&対策」として「かくあるべき」論が数行書かれていますが、コミュニケーション論として目新しいもの、説得力のあるものはあまりありません。著者が耳ざわりとする様々な言葉使い、発音(イントネーション)があげられている一方、やたらとカタカナ言葉や英語表記が使われています(英語表記やカタカナ言葉については、「わかりづらい」「日本語表現を使え」とする意見も新聞雑誌などでよく見かけます)。
 問題&対策」などと理論ぶったことはせず、単にエッセイとしてまとめられたら良かったのではないでしょうか(「対策」というからには「相手を思いやりましょう」で終わるのではなく、「相手の思いやる>」を提案していただきたかった)。また他者への思いやりを標榜するのであれば、カタカナ言葉の多用や新旧流行語の使用は控えるべきではなかったかと思います。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示