サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. naubooさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

naubooさんのレビュー一覧

投稿者:nauboo

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本銀の仮面

2002/01/14 01:57

奇妙な味と絶妙の舌触り

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ホラー、怪奇小説とは呼びにくい。奇譚、あるいは所謂「奇妙な味」というのが似合っている短編集。その味の特徴については、若島正の[他者を嫌悪しつつも魅惑されると言う人間の内にひそむ二重性](『乱視読者の帰還』)という指摘が的確。
 このモチーフが単調に感じられる読者もいるかもしれないが、味読すれば多様に料理されていることに気づくはず。その多くは中心人物の両価的な感情として表れ、物語の中で嫌悪(悪意)→魅惑(善意)という変遷をとるが、逆から出発することもあり、実はその方が始末が悪かったりする。表題作がこのパターンで、善意から貧しい美青年を家に泊めた老嬢は凄まじい事態に陥る。

 この感情の「両価性」は作者の固定観念ではあったのだろうが、彼は、より根本にある、容易に他方に反転してしまう性格、あいまいな「両義性」を掴んでおり作品には常にドライなユーモアが感じられる。それが充溢する「トーランド家の長老」は、愚かなほど完全に善意の人物による行為が、その対象の者にとって全くの「悪」以外のものでない様を描く、表題作と並ぶ傑作。

 ウォルポールのストーリー・テリングの魅力は細部の描写にあり、特に小さなオブジェの使い方が巧緻だということ。「銀の仮面」などタイトルになっていない場合でも、「トーランド家」におけるゼリーなど、独特の「味」に絶妙な「舌触り」を与えている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本オウン・ゴール

2002/01/14 01:33

少々トゥー・マッチな減らず口&ストレートなスリラー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 失業中の冴えない男が、ひょんな事から素人探偵としてプレミア・リーグのクラブ・チームを巡る事件で活躍する英国産PI小説。「このミス」で何人かが取り上げているのを読んで、個人的に「とりあえず読んでおくか」と手にとった一作なんだけど、意外性には乏しいストレートなスリラーでした。

 正直言って根本的な設定に無理があって、読んでいる間は「きっと、それが結末に関係しているんだろうなあ」と期待していたのに、何のヒネリも無しで裏切られました。悪い意味で。

 主人公がチャンドラー・マニアという設定は、ハードボイルドというより、そのパロディと言った趣で、確かに思いっきり減らず口を吐きまくるから、結構、楽しめるんだけれども、多少、トゥー・マッチでスマートさには欠ける。その大部分がサッカー、特に英国のそれについてある程度知っていないと厳しいのは、それが「売り」なんだから仕方がないので、文句を言うのは野暮というもの。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示