サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. sasapyさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

sasapyさんのレビュー一覧

投稿者:sasapy

3 件中 1 件~ 3 件を表示

経済ってそういうことだったのか…フムフム。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 最近巷では「株」がはやっているようですが、若い年齢層では株の仕組みや経済のことを理解している人も興味を持っている人も少ないような気がします。

 私も、さっぱりチンプンカンプンだった「経済」というものに、村上龍さんの『希望の国のエクソダス』を読んでから、興味を持つようになりました。しかし、書店に行っても難しそうな本ばかりが並んでいました。そんなときに、ちょっとかわいいこの本を見つけました。

 不思議に感じたこともないような質問がたくさんで、それに対してわかりやすい説明があって、世の中のしくみがちょっとずつわかってきたような気がしました。

 でも、さらっと流されているところもあって、私だったら「えっ、ちょっとそれって、こうなんですか…?」ってもっと質問したくなってしまうようなところはありました。

 読み終わってみると本当に、そういうことだったのか、って思えるほど、簡単なのにわかりやすい説明だったんです。経済を知りたいけど、何も知らない人におススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本長い橋 上巻

2000/09/13 23:24

少女の成長をこまやかに書いてあります

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

人間が成長する過程は大きな川に長い橋をかける過程と大変似ているのだ、と書かれていました。

主人公の少女は非行のために入れられた、矯正施設を出て、保護観察司のもとで生活することになりました。
そしてだんだんと素直な心を取り戻して行った少女を待っていたのは以前の仲間であり、矯正施設時代に支えとなってくれた男との逃亡でした。

読んで行くと、少女の育ってきた環境に愕然とし、それでも人を愛することを忘れずに、その人を守ろうと一生懸命に進むべき道を探す姿に心打たれます。

少女は、自分のためと愛した男のための長い橋を架けることで大きな成長を遂げたと思います。

本屋さんではあまり見かけなくなってしまった本ですがとてもすばらしい内容でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本一瞬の光

2000/09/06 23:37

最後まで読んでから、もう一度読みたい。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 何の不自由もなく普通に暮らしてきたある日、ある瞬間から自分の知らなかった世界を知る人間に出会ったりする。厄介に思ったり、ときには心の底から大切に思ったりする。

 私達の生活の中でも頻繁に起こっている「出逢い」という出来事なのに、出逢った人とどのような関係になっていくかというのは本当に不思議なことです。

 本文中で、刹那的だと指摘される主人公と、一瞬一瞬を必死に生きている短大生の交流を見ていて、今この一瞬を大切に生きて行こうと思いました。

 結末に驚き、残念だとも思い、安心もしました。とてもとてもよかったのですが、★一つ足りないのは、私がとても幸せに過ごしすぎてきたからなのでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示