サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ユーレカさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

ユーレカさんのレビュー一覧

投稿者:ユーレカ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本コンセント

2000/09/04 21:58

官能小説かも

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ひきこもりのはてに餓死した兄の幻影をひきずっている主人公ユキ、という設定なのでいまはやりのトラウマ小説なのかと思っていると、最後にやられてしまいました。
 ユキの生きる現実は、いろいろな次元が交差する世界で、死臭をかぎながらも生臭くいきています。精神分析医の国貞との交わりはかなりエロ小説っぽくてもうけものかも。
 でも、コンセントとしてのユキが感応する異次元の世界っていったいなに?
 ランデイさんは日常のなんでもないところにも異次元を垣間見るちからのある人だと思います。そのなにげない生活の場面をコラムで書いているんだと思います。それを小説にすると、こんなにおおげさなことになるんでしょうか。
 異次元に感応するとくべつな存在をつくらないと、物語ははじまらないのでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示