サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. rehさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

rehさんのレビュー一覧

投稿者:reh

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本大王

2002/07/05 19:31

線の躍動

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この作家は墨と墨汁で描くことが多い。とはいっても墨絵のような洗練された絵ではなくて、はじめてみた人は雑であるとしか思わないかもしれないような絵だ。しかしそれはいいかげんに描いているという意味では決してない。構図、コマ割は実に読みやすく工夫されているし、テンポよく進むストーリーに味なせりふ回しで、一度読んだら病みつきになるような魅力を持っている。そうして一度読んだ後に改めてその「雑な」線を見てみれば、読者はその線の文字通りの躍動感が彼のマンガの重要な一要素となっていることに気づくだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

凝縮度の高い短編集

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

マイナー系の作家にはいまいち親しみをもてない人でも、この作家は受け入れられるのではないだろうか。まるで刺繍のような絵柄に、いつか見た悪夢のような内容で、しかしただの不条理ではなく、日常生活の底にあるものを引きずり上げるような深みがある。などと書いても内容のすごさがちっとも伝わらないのだが、とにかく巻頭の「そうではないところへ」だけでも読んでみてほしい。10ページに満たない掌編だが、この凝縮された表現力はつげ義春や高野文子のそれに比肩し得ると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示