サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 練馬区在住さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年2月)

練馬区在住さんのレビュー一覧

投稿者:練馬区在住

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本バッテリー 6

2005/03/04 12:03

あっという間に。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

初めて「バッテリー」の文章に触れたのは、なぜだかはっきり憶えている、どっかの塾の電車内広告だった。どっかの中学だかの入試問題の文章で、これが使われていた、『問い;「マウンド上でストライクが入らないとき」と同じような体験を述べなさい。』みたいな感じで。まぁ、そん時はその程度。
本屋で手に取ってみたのは、文庫版の1巻で、帯で絶賛してたのもある。まぁ、野球は観るのもやるのも好きだし、っていうのもある。
読み進めて行くうちに、なんだこりゃ? って言う感じ。よく、『児童書の域を超えた』とか言われるけど、確かにそうかも知れないけど、でも、自分はもう30過ぎだオヤジになってる今、その今の中学生たちがこれをどんな気持ちで読むのか、それを考えただけでワクワクする。中学生のときにこれに出逢ってたらどんなだったんだろうな、とも思う。エゴイズムなんて言葉も知らないで、でも逆にもっとドキドキできたのかもな。
これで終わるのが残念と言うよりも、あまりに大きな爽快感で、そうも思えないくらいです。同性異性問わずに薦めたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示