サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. リードマンさんのレビュー一覧

リードマンさんのレビュー一覧

投稿者:リードマン

紙の本八月の博物館

2002/01/15 16:58

わかったから「物語」を書いてくれ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 タイトル、表紙カバーデザイン、袴の惹句に惹かれて買ったが、内容はおよそエンターテイメントとは言い難い代物である。「物語とは何か?」を主題に置くのはいいが、作者も最後までそれがなんだかよく分かりませんでした、ということを五百何十頁も費やして白状したのがこの作品だとすれば、これは悪い冗談としか言い様がない。例によって設定や蘊蓄は資料を良く調べてあるし章末の引っ張り方もそれなりなので、途中まではどんな物語を読ませてくれるのかと、実にわくわくさせられるのだが、その期待は最後まで満たされない。このテーマを語りたいなら素直にエッセイかなにかにでもすればよかったのに。読者は読後にしみじみ表紙カバーを見て「やられたなあ。」と苦笑するしかないのではなかろうか。『パラサイト・イブ』のノリを期待すると大きく外される。しかし、装丁と言い、イントロといい、入口で大層気を持たせるところは、正に見世物小屋的であり、確かに大したエンターテイメントなのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する