サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 木棚環樹さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

木棚環樹さんのレビュー一覧

投稿者:木棚環樹

1 件中 1 件~ 1 件を表示

阪神タイガースの正体

2002/04/25 15:39

阪神の作り方

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者お得意のMフーコーの手法を使った阪神の考古学なのだが、いや、正直初耳であることが多く驚いた。
著者は1960年代の新聞記事を使い、阪神の観客動員が巨人より極端に少ない、場合によっては十分の一以下であることを指し示し、そこから、どうやって今日のような阪神神話、球界の名門が出来上がってきたのかを解き明かそうとする。
これが、巨人神話を解き明かすというのだと、読売新聞が、読売テレビが、といくらでも神話の作られ方を語れそうなものだが、阪神になると何故、誰が、どうやって、何の目的で阪神神話を生み出し育てたのか、皆目見当がつかない。オーナー企業に巨人のような資金力やリーダーシップがあるように思えないのだ。

基本的にはいつもの井上章一節が聞けるのだが、他の本に比べ題材に学術的難解さや晦渋さがないため、Mフーコーのポップ版入門書としては最適かもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示