サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Dillさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

Dillさんのレビュー一覧

投稿者:Dill

1 件中 1 件~ 1 件を表示

パソコン事典の役目

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本書はパソコンの解説書ではなく,事典だ。よって,パソコンにつきものの難解な用語に苦しむことはない。それら用語を解説するのが,本書の役目なのだから。本書は,99年,2000年に発売された「標準パソコン用語事典」の2001年度版である。

 パソコンを扱うユーザーの多くにとって,パソコンは多くの可能性を秘めた,たいへん魅力的な未知なる箱だ。「ソフトがなければただの箱」と言われた時代ももはや過去のものとなり,インターネット時代を迎えた現代においては,ただインターネットを利用できるだけでも,パソコンの可能性は無限大だと言えるだろう。

 時代は変わった。だが,それでも変わらないものはある。パソコンで使われる用語の数々がそれだ。それらは,一般ユーザーにとっては難解で耳慣れない言葉だ。これは,もはや,伝統と言ってもいい。専門家でもないかぎり,星の数ほどある難解なパソコン用語の半分も理解しているユーザーはいないだろう。だが,多くのユーザーは,ユーザーの多くがこれら用語の多くを理解していて,普段から当然のように使っていると,そう思っている。一見,矛盾しているようだが,実際にはそうだろう。私もそうだった。本書のような「パソコン事典」が必要なのも,そんな「ユーザーの多く」なのだと言える。

 本書は,いや本事典は,パソコン用語の解説に従事している。パソコンを知る上でかかせない専門的用語から,普段我々が充分意味を理解しないまま使っている言葉まで,約6000語が収録されている。これはパソコンで何ができるのかを知る上で,充分な内容だと言える。知識の量が,パソコンの全てではないが,ガイドもなく歩くには,パソコンの世界は広すぎる。迷子となる前に,よきガイドを見つける必要があるのではないだろうか? パソコンで何をするのかは人それぞれだが,本事典がその手助けをしてくれることは,まず間違いないと私は言える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示