サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. スティングさんのレビュー一覧

スティングさんのレビュー一覧

投稿者:スティング

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本ドキュメントタネも仕掛けも

2004/07/28 20:08

マジックの楽しみ方を学ぶ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

神戸新聞夕刊に1年以上に渡って隔週連載されていた「タネも仕掛けも」を読むのがとても楽しみだった。登場するマジシャンはマジックファンなら誰でも知っているような伝説のマジシャンに加えて、現在活躍中の魅力的なマジシャンの実像が生き生きと描かれている。単行本で加筆された取材ファイルはとても興味深く、著者のマジックに対する深い愛情がひしひしと伝わってくる。
特に印象に残ったのは島田晴夫師のインタビューと92歳・現役最高齢マジシャンのジョン・カルバート師に関する記述である。
島田晴夫師のインタビューでは、チャニング・ポロックとの出会い、ポロックの「鳩だし」との違い、「和傘プロダクション」、「ドラゴンイリュージョン」創作のいきさつ等、貴重な話を聞かせていただいた。
ジョン・カルバート師については、著者が企画したTV番組「地球に好奇心・マジックに賭ける若者たち」(2001年NHK BS)で初めて知ったが、昭和33年(1958)に大阪と東京で日本公演が開催されていたようだ。当時の新聞記事や文献を通して、その時の模様が詳しく紹介されているのは実に興味深かった。
この本を読むと、マジックの世界は奥が深く、また年代を超えて私たちを魅了するエンターテイメントであることを改めて感じる。これからもマジックを演じる楽しみと観る楽しみをどちらも味わっていきたいと願っている。
マジックに興味を持つすべての方にお勧めしたい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示