サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Akiyoshiさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

Akiyoshiさんのレビュー一覧

投稿者:Akiyoshi

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本舞踏会・蜜柑

2000/08/18 17:22

舞踏会の三つの道具・海兵と菊と花火

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

概略としては、明治19年に鹿鳴館で舞踏会が催され、
その場に主人公(女17歳)が社交界デビューをする日のことである。
彼女は容姿が華麗で、主にその自意識や優越感を中心として、
感情の流れは構成されている。
その流れで特筆すべきは、途中彼女と踊る外国人海兵である。
彼こそがピエル・ロティなのだが、
彼女と踊り終わった後に呟く全ての言葉に、
虚飾を求めて装いつづける人間への「皮肉な微笑の波」が込められており、
感情の動きと同調した、情緒的なレトリックを味わえる。
そこで大きな役割を果たすのが「菊」と「花火」とである。
連想できる比喩的な言葉に、咲く・散る、などがあるが、
他の花ではなく「菊」としたところにも意味を汲み取りたい。
当然鹿鳴館ゆえに天皇としての菊が飾ってあり、
それを必然的に用いることにもなったのであろうが、
大輪の菊という非常に人手を必要とし、華奢で折れやすく、
そして葉よりも花が異常に肥大している植物としての特徴に、
何らかの意味を持たせていると考えれば、
背後に芥川自身の「皮肉な微笑」が浮かんでくるように思える。

この小説は、海兵の言葉と、菊と、花火の用いられ方に注目すれば、
よりおもしろく味わえるだろう。
近年のものにはあまり見られない、
小説全体で成立する、文学的なレトリックを堪能できる作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示