サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ちゃちゃさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年2月)

ちゃちゃさんのレビュー一覧

投稿者:ちゃちゃ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本希望の国のエクソダス

2000/08/24 14:19

すべての閉塞感にさいなまれている人へ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 はじめのシーンで、「本当のCNNの記者はこんな風には聞かないどろうなぁ」と思う。「村上龍も所詮はドメスティックな作家かな」と。にもかかわらず、この小説は面白くて一気に最後まで読ませてしまう。村上龍のここ2−3年の経済への関心や取材などをベースに、閉塞状況の日本経済と、中学生の不登校とネットビジネスを関連づけて壮大な冒険小説がはじまる。このストーリーを荒唐無稽ととるか、それともあり得るコトと受け取るかで、小説へののめり込み方が違うかもしれない。でも、読めば読むほど、ありえるかもしれない、あって欲しい、とまで思いってしまう。経済にかかわらず、今の日本の社会構造、政治、マスメディア、教育などあらゆるものの閉塞状況のなかで、中学生とネットビジネスというものが突破口を開くかもしれないという希望。読んだ後に、村上龍自身がいうように、今という時代への絶望とブレイクスルーへの希望を同時に感じ、奇妙なすがすがしさを感じる。すべての閉塞感にさいなまれている人へお勧めしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示