サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. もなかさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

もなかさんのレビュー一覧

投稿者:もなか

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本ノスタルギガンテス

2002/05/12 11:44

そして世界は閉ざされて

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 表紙の「静寂」という第一印象があまりに強すぎたせいだろうか。それとも,秋霖のさなか,冷たく雨に閉ざされた夜に読んだせいだろうか。読み終わった時,自分が,そして世界が,透明で重く冷たい樹脂の海へと固く閉ざされてしまったような,そんな奇妙な気分がした。
——そう,主人公のカイの言う「ジオラマ」に,本当に世界が変じてしまったような気がしたのだ。
 増殖し続ける無数の「キップル」。あの,捨てる事のできない記憶を背負ったガラクタ達の姿は,私達そのものの姿なのではないかと思う。感受性を失った大人達,土地の記憶とは無縁のアスファルトとコンクリートに覆われた街。その中でライトアップされた,巨大な樹脂漬けのキップルの塔。ラストでキップル達は,どう考えても現実の世界を駆逐してしまっている。
 カイはあんな結末を望んではいなかった。けれども,彼の豊かな感受性を凝縮したメカザウルスは,ジオラマの中で行き場を求める記憶達を呼び寄せてしまった。そして,樹脂に閉ざされた記憶達は,もう二度と,ジオラマの世界には戻ってこない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本またたび回覧板

2002/05/12 12:06

爆笑の嵐

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 とにかく,「爆笑の嵐」の1冊。難しい事は何もありません。笑いに飢えている人はぜひ読むべきでしょう。しかし,人前では読まないほうが……私の場合、学校の読書の時間に読んでいたので,笑いをこらえるのが大変でした。
 特にうけたのは「サインはV」。しばらくは「その光景」が頭から離れず……一体何のことだか気になった人は,ぜひ手にとってみてください。ただし,下ネタアレルギーの方はご注意を。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示