サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 電気屋さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

電気屋さんのレビュー一覧

投稿者:電気屋

128 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本快楽病棟 官能ロマン 2

2002/06/11 15:51

エッチになっても上品でなくちゃね。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 さて、第二巻。
 新たに美しき処女も加わった快楽病棟で、より淫らな凌辱の儀式が行なわれます。
 お話のキモは、ぢつわ美香でも貴子夫人でもなく、両者に共に関係のある男、道也であったり。すなわちどちらの責めも彼の眼前で行なわれるのだな。
 兄の眼前で処女の身を昂ぶらされる美香。
 不貞と知りつつ愛した男にあさましく気をやる姿を晒さねばならない貴子。
 どーです? いい絵だと思いません?
 そして、金持ち老人の性の玩具として美香の純潔が散らされる時が来ます。もちろん、それは道也の眼前で彼自身を人質として、病棟関係者の環視の内で行なわれるのです。ま〜さ〜に、性の玩具。そうして玩具に堕ちながらも、美香の人柄のよさが失われないあたりが堕ちた身の哀れさをいや増して、この凌辱絵図の美しさを高めてくれます。

第一巻はコチラ

その他千草作品の紹介はコチラをご覧ください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

淫獄の学園 完全凌辱版

2002/04/25 17:50

かたっぱしからヤっちまいます。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 元はゲーム化前提で書かれた小説の改訂版。
 ゲーム向けってコトでいつも以上にストーリーなんてほっといてひたすらヤりまくり(笑)。
 正義感あふれる女教師も、気の強い女生徒も、まとめて性奴化。完全凌辱版の名に恥じないデキっスよ。
 全体の流れとしては出世作といってよい初期の傑作『凌辱女子学園』のダイジェスト版といった趣。文庫で3冊あった『凌辱女子学園』と比べるとボリュームは1/3になってるけれど、その分テンポ良くお手軽に楽しめる作品になってるっス。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

四年待った甲斐がある。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 前作「レイプ・トライアングル」から四年。もー書いてくれないのかと思ってたオフィスレイプの巨匠が帰ってきた!しかも始めての非オフィスモノ(「スチュワーデス姉妹」正確にはオフィスモノじゃないけど、仕事場が舞台ってのは一緒だ)。
 美しく有能な女性をヒロインに、レイプといいつつ力任せより心理的に追い詰め篭絡するストーリーを描く風吹選手は、やつがれの趣味にどんピシャでずーっとゴヒイキでした。
 久々の新作はその全てにさらなる磨きがかかってます。風吹望Ver2.0って感じ。
 冒頭で書かれる最初のヒロイン美絵の学生時代のエピソードは、たったの3ページで若かりしころの彼女のキャラクターを鮮烈に印象付け、時を経て熟れたセレブ妻となった今の美絵に十年分の厚みを持った魅力を与えてくれる。同時に主人公の十年分の鬱屈も織り込んで対比させ、わずか十数ページにして一線を越えて犯罪者となる彼の衝動をも描き出す。
 高級マンションの一室で繰り広げられる冒頭のレイプシーンは風吹選手にしちゃかなり手荒なモノになってるけど、この主人公の心理の盛り上げがウマく、たくみな視覚描写とそれ以上にたくみな視覚デザイン力とで、美麗というしかない「絵」を描いて見せてくれる。小説で「絵」をほめたくなる、そのスゴさを感じてくれまいか。
 以後、美絵の妹沙也香を堕として姉妹奴隷とし、さらに主人公の零落のきっかけとなった未亡人玲子も性奴としてしまう。
 むろん風吹選手だから、三人それぞれの美しさと有能さがキッチリ描かれ、それゆえに淫に堕したその姿が輝く。
 全体として主人公の復讐譚の筋を設定しながら、そのあとに三人の女たちこそが最高の財産ってがっちがちのハーレムエンドにするのはもちろん官能小説としてのジャスティス。それも、人妻にして愛奴という二面性を保つ形での大団円。カンペキとしかいーよーないネ。
 おあずけだった四年分の期待をはるかに上回る傑作。★が五つしかつけらんないのがくやしー。そんくらいオススメ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本48H

2002/07/25 12:38

えっちだけどキレイ。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 いわゆる四十八手。つまり、セックスの体位の解説本。
 ちうても、男女とも美形のモデルさんを使っての写真集っスから、イヤらしさはまるでナシ。装丁も上品で、レイアウトなんかも凝った作り。全体として、とってもおしゃれな本に仕上がってます。
 つまり、本書はきわめて女性向けを意識した本なんですネ。
 女性だってえっちなものに興味があるはず。でも、ちょっと買うのは羞ずかしいっスよね。でも、bk1だったら顔つき合わせずにすむし、このデキだったら人に見られても恥ずかしい思いをするこたァありませんヨ。
 えっちなものに興味はあるけど、ナカナカ実際に手は出せない、そんなシャイな貴女にオススメするっス。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本快楽病棟 官能ロマン 1

2002/06/11 15:51

病院てやっぱエッチだと思ふ。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 タイトルの快楽病棟とは、金持ちたちのために看護婦にそっち方面の面倒まで見させたりする特別病棟のこと。
 まずは新人の看護婦が金持ちおやぢに処女をおもちゃにされます。
 薬物でムリヤリ昂ぶらされ、拘束されて処女を奪われたあげくに肉の快楽を刻まれてしまう可憐な看護婦のその姿はとってもそそるんですが、コレはまだオードブル。
 メインのこってりした肉料理の方はといえば、コレが院長夫人の貴子。なんと浮気して駆け落ちしたところをとっつかまって不貞をネタにとことん色責めされるのだ。
 かけおちまでした男の前で、さまざまな方法で責められる美夫人の姿はヅマスキーにゃこたえられないはず。
 え? オレはドッチかてェとコッテリした霜降りよりもあっさりしたピチピチの魚料理がお好みですと?
 だいぢょぶ。終盤には奥方の浮気相手の道也の妹である、美香という少女(もちろん処女ですゼ)が登場します。第二巻はコチラがメインっス。

第二巻はコチラ

その他千草作品の紹介はコチラをご覧ください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本Y字架の聖母

2002/06/10 23:26

そして令嬢は娼婦に堕ちる。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 淫狼第ニ巻。
 さて、中盤となる本書の見所は、処女を奪われた令嬢弓子がその無垢な身に快楽を刻みつけられ、生きた商品として磨き上げられてゆくところでしょうか。
 鞭の味を知り、肛虐の味さえも覚えさせられ、淫らな御奉仕もできるようになりながらも、けしていやしくはならずに令嬢としての生来の気品をなくさせないあたりが千草忠夫の巨匠たるゆえんですナ。
 脇役だけれど、主人公太一に物のついでで犯されて性奴にされながらも、名前さえ教えてもらえぬ相手を一途に待ちつづける百合子のけなげさもナカナカ買いだと思うっスよ。

第一巻→『処女喰い』
第三巻→『愛奴漂景』

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

名門美少女集団レイプ

2002/04/25 17:50

美少女を汚せ。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 まァ、タイトル通りの内容ですナ。犯る方も犯られる方も集団。それぞれ四人ずつで組んずほぐれつ。
 ウリはなんといっても凌辱される生贄達のキャラクター。
 ヒロインタイプのまさに美少女の若菜。
 おっとりと上品なお嬢様のひろか。
 元気はつらつ、ボーイッシュなゆり。
 繊細で儚げ、ロリロリな鮎子。
 いずれ劣らぬ個性的な美少女ばかり。その四人が14歳の清らかな肢体を男達の歪んだ欲望によって汚され、淫らな悦びを刻みつけられてしまうってワケ。
 もちろん、四人四様に凝ったシチュエーションが用意されているのは言うまでもないっス。
 あ、そーそー、ついでに犯られちゃう四人の引率者のシスターも充分魅力的ですよ、えぇ。
 ちう具合なんで、美少女凌辱編をお望みであるのなら、本書はとってもオススメできる傑作と言えますナ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

コロシのあるアカルイ社会。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 日本は世界一殺人の少ない国である。ことに、血気盛んなはずの若者たちが殺人を犯さない。
 若年者の凶悪犯罪がメディアでことさらにとりあげられてる昨今においては意外に思う方も多いだろうけど、これはれっきとした統計的な事実。
 ではナゼか?
 管理社会として完成され、血肉へのリアルさを喪失したわれわれの異形さを本書は指摘する。思えば大ベストセラーとなった「バカの壁」も血肉へのリアルさの喪失こそがテーマでありました。
 「アウトロー」宮崎と「コロシの目利き」大谷との対談形式でつづられた本著は挑発的な言辞に満ちてはいるが、しっかりとテーゼを示し、キチンと根拠を用意している。
 ごまかしの数字や詭弁によらず、その論旨は明解で誠実(アウトローなのに)。
 法と秩序の側(ロー)に属する人々(官僚だの代議士だの)がつねに数値のトリックや牽強付会の詭弁を弄するのに比べて、アウトローを標榜する彼らの論のなんとすがすがしいことか。
 全くもってやでやでですな。
 本著を読むことで、我々が喪ったリアルとはなんなのかを確認してみて欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

極悪非道だからこそいーんです。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 タイトル通りのハードレイプモノ。金がなくなりゃ盗みに入り、女と見ればレイプする。そんな無軌道ワルガキの主人公健次が、冒頭で押し込んだ家の娘の奈津を人質にとっての逃避行てな趣向っス。
 この奈津ってのがチョイとクセモノで、いきなり家に押し込んできたあげくにレイプした健次とナゼか意気投合しちまって、いご共犯者モードに。以後のレイプ行の水先案内みたいな感じに。
 ところを換え、品を換えてのレイプの道行き。それぞれのレイプには一貫性はあんましないんで、ちょっくらオムニバスっぽい感じかな。都合三件のレイプを犯しながらの逃避行。最後は再び奈津の実家にもどって……てな展開。
 特に絶滅危惧種の保護動物みたいな超純情模範カップルの高校生達をかっさらって、彼氏の眼前で彼女を犯し抜くのが強力。寝取られスキーには特にオススメ。
 いきおいに任せて犯りまくりたおしてくれちゃうのは、モチロンこの手のお話では最高のさーびすなんであります。レイプはパワーとスピード。そうお考えの方にオススメ。

 官能小説新刊情報は、コチラの【くれない書房】までどうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ほのぼのラブコメSF風味。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ほのぼの癒し系のラブコメ。
 ほのぼのラブコメなんてモノは、それこそ掃いて捨てるほどこの世にあるワケで、したがってなにがしかの隠し味が必要になってくるワケです。本作の場合、それはSF風味ってコト。
 ヒロインの成恵ちゃんはこの手のお話のヒロインらしく、チョッぴしズレてる天然系のキャラなんだけど、なにゆえズレてるかちうたら、それは彼女が宇宙人だからなんだな。
 まー、タイトル見ただけでワカる人にゃあワカっちまいまいすが、ちゃんとSFってェシロモノをワカった上で隠し味に使ってるってのが立派なトコロ。SFもので、一風変わったラブコメが読んで見たいつうなら間違いなく本作がそのニーズに答える作品。ドーンと行っちゃえば大吉間違いナシっスよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

女はコワい。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ヒロイン香奈枝は可愛くてオクテで、生真面目な若妻。
 そんな彼女が夫がSMクラブに通っていることを知ったことからSMにハマってゆくお話。
 夫以外の男の手によって、どんどんマゾに目覚めてゆき、めくるめく快楽に溺れてゆく香奈枝の姿は女性作家ならではの迫力で、やっぱ女のが気持ちいーんちゃう?てな気持ちにさせられますナ。
 そして、エピローグもまた女性作家ならではで、男にとっちゃぁチョッとばかし切ない幕切れっスけど、女性が読むと案外スカっとするのかも。
 う〜ん、やっぱ女はコワいや。とってもかないましぇ〜ん。

 官能小説新刊情報は、コチラの【くれない書房】までどうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本女面姦鬼

2002/07/21 17:10

巨匠の描く官能時代劇。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 官能小説の巨匠、千草忠夫の唯一の時代モノ。
 現代モノの諸作は、大時代なセリフ回しに硬過ぎる文体、今となってはウソ臭くなってしまった人物造型、といろいろと古臭いところが多かったりすることも確かなんだけど、時代モノとなれば全てのーぷろぶれむ。むしろ、時代モノらしい雰囲気に溶け込んでとってもナイスってなコトに。
 時代モノっスから、お約束として斬ったはったも出てきます。畢竟、現代モノよかはるかに血なまぐさいんだけど、それによって独特の美意識もより冴えてますからたまりません。
 主人公である女を姦さずにはいられない凶器の剣士姦鬼も、官能小説版眠り凶四郎ってな感じでキャラクターの魅力もタップリっス。
 つうワケで、時代モノが好きな官能小説ファンは必読。

 官能小説新刊情報は、コチラの【くれない書房】 へどうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

贄の花 新装版

2002/07/12 19:03

巨匠の極み。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 官能小説の巨匠ちうたら真っ先に浮かぶのが千草忠夫。やつがれがその巨匠に始めて触れたのこそ、思い起こせば本書でした。
 古都金沢を舞台に、藹たけた人妻と、清純な女子高生、そしてその初々しい恋人、以上三人の男女が武家屋敷の座敷牢に監禁され凌辱を受けます。
 娘をかたにとられ、泣く泣く貞操を踏みにじられる人妻。
 恋人の前で純潔を散らす女子高生。
 そして年上の美女の誘惑にとまどうその恋人。
 千草忠夫、お得意の絵図が薄暗い地下の座敷牢に絢爛と花開きます。
 独特のかっちりした文体で描き出されるその耽美かつ淫靡な世界は、おそらく女性にもアピールすると思うっスよ。
 言葉づかいや道具立てが古臭いことは否めませんが、それゆえに貞淑な令夫人だの清楚な女子高生だのといった、今じゃ幻想としてもツラい存在が、金沢というロケーションの妙もあって、ココにはたしかに存在できています。
 官能小説のひとつのクラシックとして、ゼヒ一度読んでいただきたい逸品です。

 官能小説新刊情報はコチラの【くれない書房】までどうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

スケベなおにーさま方にこっそりオススメ。

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 孤児の美少女を金持ちで美形のあんちゃんが引き取るお話。
 つっても美談なんかじゃあじぇ〜んじぇんない。だってあんちゃんの目的ってば件の美少女を夜のお供にしちゃうことなんだもん。
 ハッキリ言って18禁のコミックじゃよくお目にかかる設定っス。タイトルの『禁断』だってまるでエロゲだし。でも、コレってレッキとしたおぜう様方向けコミックなんだよな。
 しかもエロシーンはばりばり。黄色い楕円マークのその手のコミックとの違いちうたらそのものずばりの局部の描写がないくらいっスよ。
 いやー、全くもってきょーびの少女マンガは侮れません。エロ目的で買う価値は充分にありまっせ。うかつな青年マンガよかよっぽどエロいっスよ。

続編はコチラ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本愛奴漂景

2002/06/10 23:27

女王様だって……

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 大長編のトリとなる本書、終盤最大の見所は、弓子を買い取り売り物として、そしてペットとしての調教を施して支配してきた葉子が太一の軍門に下るところ。
 なんつったって女王様を屈服させようちうんですから凌辱感もひとしお。気の強い女が屈服する様を見たい方なら大満足されることでしょー。
 屈服した葉子は、支配者に対する甘えと支配するものの辛辣さを共に持つという危ういバランスのキャララクターになるワケですが、ここら辺も見事に描いてくれています。
 こうして三人の女が全て太一に隷属することになったのなら、やるこたもうひとつっきゃないですナ。そう、親娘丼。
 弓子と理恵は義理の親娘ではありますが、それでも近しいもの同志が並べておかされるのはたまらん見物っス。ここまで二人別々だった分、このシーンの価値も上がってます。
 そして性の玩具となりきった理恵と弓子の玩具ゆえの美しさがフィナーレを飾ります。特に、無垢なまま玩具とされ、ついに玩具にされるためのセックスしか知らないままの弓子の哀れさと救われなさとが華麗なる凌辱の結実としてあまりにもふさわしい。

第一巻→『処女喰い』
第二巻→『Y字架の聖母』

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

128 件中 1 件~ 15 件を表示