サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. タケハナダさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年5月)

タケハナダさんのレビュー一覧

投稿者:タケハナダ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本回転木馬のデッド・ヒート

2000/10/18 01:23

現実と虚構

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 「ここに収められた文章を小説と呼ぶことについて、僕にはいささかの抵抗がある。もっとはっきり言えば、これは正確な意味での小説ではない」
 そんな文章とともにこの本は語られ始める。というのも、ここに収められた文章は、村上春樹が体験した/誰かから聞いた話をそのまま書いただけのものらしいのだ。
 あれだけリアリズムから遠かった村上春樹だから、バランスを取るために書いたのかもしれない? まさか。村上春樹の物語はいつだって現実的でないようで、実は現実より現実的だったはず(ある意味で)。ここで語られている文章たちも、いわゆる「ほんとうの話」なのに、どこか「あの世界」を感じさせるものばかりだ。
 共感だとか、人情だとか、そういったものとは百年の隔たりがあるというのに、切実な自分の問題として感じられるのはなぜだろう? そしてこの切なさはいったいどこから?
 そんなことを思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示