サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. じゃくそんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

じゃくそんさんのレビュー一覧

投稿者:じゃくそん

1 件中 1 件~ 1 件を表示

物語と無意識

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 物語と無意識。この2つをキー・ワードにして対談は進められる。村上春樹の領域である「物語」が第1部のテーマで、河合隼雄の領域である「無意識」が第2部のテーマとなっているが、読む人はこの本に一貫した空気をきっと感じるのではないかと思う。ひょっとしたら第1部と第2部でテーマが違うことに気づかないかもしれない。
 そう、2人がこの本においてくり返し発言しているように、村上春樹は常に無意識に敏感な作家だったし、河合隼雄は物語と向き合ってきた。彼らが語る(もしくは語ろうとしている)ことがよく似ているというのは、実は自然なことなのだろう。
 語られていることは、「結婚について」「理屈か人情か」「治ることと生きること」「個性と普遍性」「われわれはどこにいくのか」など、どれもらしいもので、かつ現代的なものだ。大抵の人が1度は考えたことのある問題だと思う。
 この本はその答えを出してくれるわけでは決してない。ただ、普段気づかない(あるいはどうでもいい)ようなことを大切なポイントとして語り合うその全てが、私たちが何かを考えるきっかけとして何より素晴らしいものであると、そう思う。
 ちなみに河合隼雄はインタヴュアーとしてもかなり面白いので、村上春樹が他では話さないようなこともこの本では聞けて、それだけでもおすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示