サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 原尻淳一さんのレビュー一覧

原尻淳一さんのレビュー一覧

投稿者:原尻淳一

1 件中 1 件~ 1 件を表示

はしがき1

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 優れた企画やアイデアを連発する人たちがいます。俗にいう「ヒットメーカー」と呼ばれる人たちです。世間では天才と称され、あたかも生まれながらに才能があるように思われがちですが、そこには秘密があることを多くの人は気づいていません。企画づくりの秘密。この本で、わたしは偉大な先輩方との仕事を通じて、見出した「秘密」をみなさんにこっそりお伝えしようと思います。

 その秘密は大きく2つあります。1つめは、優秀なプランナーは優れたアウトプットを生み出すシステムを持っているということです。このシステムがあるからこそ、優れたアイデアを連発できるのです。
 わたしがシステムの重要さを痛感したのは、大学院時代に故鶴見良行先生のご自宅にうかがい、仕事部屋を拝見させていただいたときです。すべてに圧倒されました。5万枚を超える読書カード、アジア諸国を歩きながら書き留めた緻密なフィールドノート、それに美しい写真の数々。名著『ナマコの眼(まなこ)』(ちくま学芸文庫)をはじめとする魅力的な本の数々は、読書カード、フィールドノート、写真の3つの要素を編集するだけでほぼ完成してしまうのです。わたしはこのシステムに感動し、なるほど、準備というものは、こうやってやるのかと反省しきりでし
た。そして、優れたアウトプットは綿密な準備とシステムから生まれるということを初めて知ったのです。
 分野は違えども、同じ感銘を覚えたのは、松岡正剛さんの仕事場を見学させていただいたときです。数万冊を超える本に埋めつくされているのですが、本はすべてテーマによって分類され、しかも本と本の並びには意味があるのです。ですから、何か原稿を書くとき、テーマの本棚に行き、がばっと数冊つかめば、すぐに原稿が書けてしまう。松岡さんの『千夜千冊』という偉業は、その背景にこの本棚システムがあるのです。優れたアウトプットは、準備とシステムの賜物です。やり方は多少違っていても、その根底は共通した準備とシステムに支えられています。
**
【構成】
はじめに
 企画づくりの秘密
 企画づくりのハックは、みんなをハッピーにする技術
CHAPTER1  企画システムハック 変数と代入式
CHAPTER2  アイデア発想ハック 量と質
CHAPTER3  プランニング・ハック 失敗と本質
CHAPTER4  プロジェクト・ハック コミュニケーションとモチベーション
CHAPTER5  プレゼン・ハック 離見と保険
CHAPTER6  実践編コンセプト・ハック 文脈と応用
おわりに  経験の弟子

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示