サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 脇博道さんのレビュー一覧

脇博道さんのレビュー一覧

投稿者:脇博道

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本森のバロック

2006/11/23 01:21

熊楠=知の星座

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

星は、一つ一つの、天文学的あるいは文学的特質もさることながら相互の関係性が見い出されることによって、より豊かな事象や物語を紡ぎだす。本書は、世界を形成する「事」に注目し、自らの専門分野である粘菌学や民族学のアカデミックな領域に閉じこもることなく、途方もない、知の星座、を生成した巨人、南方熊楠についての本である。

についての本と私は書いた。そう、本書は、単なる研究書でもないし、クロニクルでもないし、ましてや物語でもない。あえて記述するとすれば、それらすべてを包含しつつ、その先の到達点を目指した、卓抜した知のノマドである中沢氏による極めて刺激的なテクストなのである。

これほど面白く(面白すぎたことも若干裏目にでたのかもしれない)かつ深い思考の強度に満ちた本書が、刊行当時、熊楠研究のアカデミックな陣営から、少々煙たがられたのも、無理のない話かもしれない。
確かに、中沢氏の論考は、神秘主義的思考の導入により、突然、ロジックのジャンプが行なわれることがしばしばある。
が、このジャンプをしなければ、熊楠ほどの多面体には到底、肉迫できないと思われる。

例えば、ミナカタマンダラを始めとする、不思議な図像の数々。
図像学的にはとても解読できないし、その含有する意味だけを追求しようとすれば、非常に多くの重要な事どもを取り逃がす羽目になる。中沢氏は躊躇しない。氏が有する知のテクネーを駆使して一気に思考のジャンプを試みる。すると今まで見えなかった事が明確な輪郭をとりはじめ、楽しげな運動を開始する。熊楠の思考に接続するための扉が開かれる。あとは、様々な事象とアクセス、リンクを繰返しながら、熊楠の宇宙を飛び回ることが可能となる。

500ページ強の大部である。だが躊躇することなく一気に読んで頂きたいと思う。怪物的、とか、途方もない、という紋切り型を超えた知のノーブルサヴェージ南方熊楠の全貌を捕らえる事ができるおすすめの一冊である。

*この書評はせりか書房版『森のバロック』への書評の再録です(ビーケーワン)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示